スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビスタッフ便り   >   これはたまらない!水木しげる先生の妖怪ワールドが、なぞなぞしかけ絵本に・・・

絵本ナビスタッフ便り

これはたまらない!水木しげる先生の妖怪ワールドが、なぞなぞしかけ絵本に・・・

ご存知、日本古来の風土に根ざした妖怪たちを、ユーモアたっぷりに描き続けてきた妖怪界の巨匠・水木しげる先生。特に今の親世代の方たちは、「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、数々の作品の中で水木先生の世界にたっぷり浸かってきたのではないでしょうか?

 

そんな本物の妖怪ワールドが、小さな子どもたちにも楽しめるようにと、なぞなぞしかけ絵本になって発売されました。子どもたちのための絵本・・・とは言え、これが装丁から内容まで、大人の水木ファンにもたまらない出来上がりになっているのです!

めくると姿をあらわす 家に住みつく妖怪たち・・・

水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 家の中の巻

日本古来の風土に根ざした妖怪たちを、ユーモアたっぷりに描き続けてきた妖怪界の巨匠・水木しげる先生。その本物の妖怪ワールドが、小さな子にも楽しめる、なぞなぞしかけ絵本になりました!
『家の中の巻』には、子どもたちにも身近な、家にすむ10の妖怪たちが登場します。

「この妖怪はなあんだ?」の答えは折りたたまれた隣ページ。しかけ部分をめくるとドーン! 隠れていた妖怪が姿を現します。収録妖怪びんぼうがみ/ばけぞうり/あかなめ/ざしきわらし など

まず、ケースに入った装丁にときめきます。ケースをはずせば・・・ドーン!!(誰かわかるかな?)

お風呂場掃除をさぼって、ぬるぬるにしてると・・・

出た!ふろおけや腰掛けについた、人間のあかをぺろぺろなめるのが好きな妖怪「あかなめ」

めくると姿をあらわす 山里にかくれ住む妖怪たち・・・

水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 山里の巻

日本古来の風土に根ざした妖怪たちを、ユーモアたっぷりに描き続けてきた妖怪界の巨匠・水木しげる先生。その本物の妖怪ワールドが、小さな子にも楽しめる、なぞなぞしかけ絵本になりました!
『山里の巻』には、子どもたちにも身近な、山や里にすむ10の妖怪たちが登場します。

「この妖怪はなあんだ?」の答えは折りたたまれた隣ページ。しかけ部分をめくるとドーン! 隠れていた妖怪が姿を現します。収録妖怪かさばけ/あずきあらい/かっぱ/いったんもめん など

さみしい道を歩いていると、うしろから、ぴたぴた ぴたぴた・・・

妖怪べとべとさん!?

 

全てのページがカラー!なんて贅沢なつくりなのでしょう。大人の皆さんは、自分ばかり夢中になっていないで、小さな子どもたちに見せてあげてくださいね。きっとすぐに妖怪の世界にはまってしまうはずです。かつての自分たちのようにね!

 

水木先生の妖怪をもっと堪能したい、というあなたにはこちらの「絵巻えほん」もおすすめです。

絵巻で楽しめる水木しげるの世界

絵巻えほん 妖怪の森

ピクニックに出かけた男の子と女の子が、いつの間にか迷いこんだのは、
170余りの妖怪が住む森でした。鬼太郎や猫娘などの案内で、二人はやがて楽しい
妖怪のお祭りへ。
別冊付録では、登場する全妖怪の特徴を解説。

絵巻えほん ゲゲゲの鬼太郎妖怪島へ

弱いものいじめをする悪い妖怪を退治するため、鬼太郎とその仲間たちが妖怪島へやってきた。鬼太郎たちは得意技を使って大活躍!お互いに呑めや、歌えの大宴会で大いに盛り上がり…。中国をはじめ、世界の妖怪190が大集合。別冊付録では、全妖怪の特徴を楽しく解説。アコーディオン式にたたまれたユニークな絵本は全長2.8mの大画面。何度見ても新しい発見があります。

アニメだけではなく、絵本の世界でも水木しげる先生の世界をたっぷり楽しめるなんて、嬉しい発見ですよね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード