スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】やわらか頭になって、国語力をきたえる言葉あそび絵本『ねことばじてん』!
絵本ナビニュース2017 

【news】やわらか頭になって、国語力をきたえる言葉あそび絵本『ねことばじてん』!

246の「ねことば」を紹介!親子で楽しめる「ねことば」ドリル付き!

子どもの国語力・発想力・創造力を刺激してきたえる言葉あそび絵本『ねことばじてん』が発売されました!ちょっと変わったこの言葉あそび絵本は、「ねこ」という言葉からはじまる「ねことば」を、 ほっこりイラスト満載の辞典形式で264例紹介しています。 子どもたちが、言葉あそびのおもしろさを絵本を通して気づき、自分で新しい言葉を発想するきっかけとなる1冊です。

「ねこ」のついたことば、 「ねことば」とは?

このじてんは、 「ねこ」のついたことば「ねことば」でできています。 まずは、 「ねことば」から、 いったいどんなねこだろう?と、 想像してみてください。

同じ読み方で、違う意味の「ねことば」もあります!

とにかく最初に「ねこ」がつけば「ねことば」です。 ただし、時には2つの意味が生まれることもあります。「ねことばあそび」は、どこまでも自由に果てしなく続きます。

 

【ねこ+校門】⇔【ねこ+肛門】

【ねこ+コート】⇔【ねこ+コート】

言葉の意味=「答え」がどこにも書いていない!?

絵本には、「ねことば」とそれを表すイラストが描いてあるだけで、言葉の意味は一切書いてありません。 子どもたちは「ねことば」を唱え、イラストをじーっと見つめて、自分なりの「答え」を探します。 あれこれ意味を楽しく考えることで、 自然と国語力、発想力、創造力が鍛えられます。 

 

【ねこ+神々しい】

頭がほぐれてきたら、「ねことば」ドリルにチャレンジしましょう!!

後半はイラストを見て、マスの「ねことば」を考えるドリルになっています。 全部で22問!! 何問解けるか挑戦してみてください。

絵本を読み終わったらオリジナルの「ねことば」を作ってみましょう。果てしなく自由な言葉あそびの世界が広がりますよ。是非、親子でチャレンジしてみてくださいね。

かしわらあきお
新しいこと好き。 ワクワク好き。 アイデアマグマ、 常時噴火中。 自らのイラストを素材にデザインを展開し、 ひとつの世界観をつくり出す達人。 キャラクター開発、 動画制作、 ブックデザイン、 商品企画など、 幅広い分野でその技をいかんなく発揮中。 著書に『あかちゃんごおしゃべりえほん』『あかちゃんごおしゃべりずかん』(主婦の友社)、 『いっしょにあそぼ』シリーズ(全10巻、 学研プラス)、 『ほんとのおおきさ』シリーズ(全7巻、 学研プラス)、 『ゆびあそぶっく』シリーズ(全6巻、 ひかりのくに)など。 家族4人+ねこ2匹と暮らしている。 
ブログ『かっしー日記』 http://kassinikki.jugem.jp/ 

ねことばじてん

国語力・発想力・創造力を鍛える言葉あそび絵本。ねころぶ・ねこたつ・ねこのやろ~!みなさんはどんな「ねことば」をつくる?
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載