スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビのクリスマス2015   >   【2015年 新刊クリスマス絵本③】 新作しかけ絵本に注目!
絵本ナビのクリスマス2015

【2015年 新刊クリスマス絵本③】 新作しかけ絵本に注目!

● 『クリスマスのまえのよる』の著者による幻想的な切り絵が再び!

「くるみわり人形」

くるみわり人形

「クリスマスのまえのよる」「ジングルベル」(弊社刊)の著者が描く第三弾。繊細な切り絵で作られた幻想的なお菓子の国のポップアップは圧巻です!

● デビッド・A・カーターの新作は冬の景色がたくさん!

「ウィンター」

ウィンター

赤い実をつけたヒイラギの木、雪の結晶、野に咲く花々など、冬の景色が飛び出すしかけえほんです。

●スノーマンのポップアップが登場です!

「ポップアップ スノーマンとスノードッグ」

ポップアップ スノーマンとスノードッグ

寒い夜、とつぜん動き出したスノーマンとスノードッグ。みんなでサンタクロースに会いにいこう!最後の頁では夜空の星が光ります。

● 本物の舞台のような美しさ

「くるみ割り人形」

くるみ割り人形

名作「くるみ割り人形」の6場面を切り絵で表現しています。三層になった奥行きのある絵はまるで、本物の舞台を見ている様。

● 雪の日の朝の静かでにぎやかな景色

「ゆきのあさ」

ゆきのあさ

雪がふりつもった翌朝、窓の外をみれば
どこもかしこも、まぶしいくらい、まっしろな雪の世界。

はずむ心をおさえながら、外にでてみると
雪でおおわれた一面の野原に小さな小さな動物のあしあと。

誰のあしあとかな?
どこまでつづいているんだろう?

気づくと、自然にあしあとを追っています。
雪の上にのこされた手がかりを
ゆっくりとたどってみると、そこには・・・。

まっしろな上質な紙の上で、
型押しされた動物たちのあしあとを踊るように指先でたどると、
まるで、雪原に残った本物の動物たちのあしあとを本当に追っているみたい。

白い世界の中、草や岩をめるくと現れる色とりどりの動物たち。
発見するワクワクとドキドキに子どもも大人も夢中になります。

これまでも、あっと驚くスタイリッシュで美しいしかけ絵本を
手掛けてきたアノニマ・スタジオから、素敵な絵本が届きました。
作者は、パリ在住イラストレーターのステフィ・ブロコリさん。
広げるとじゃばらになる雪原は、永遠と続く美しい白の世界を最高に演出します。

絵本ならではの紙の質感にこだわったギフトにぴったりの一冊。
冬のまっしろな雪の世界へ飛び出してみませんか。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

http://www.ehonnavi.net/feat/xmas/?refsrc=nvtop116
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください