絵本ナビスタイル トップ  >  グッズ・ギフト   >   EHONTOTE制作日記   >   【制作日記vol.2】松田奈那子さん『EHONTOTE no.3 』さあ、その全貌のお披露目です!制作秘話も…
EHONTOTE制作日記

【制作日記vol.2】松田奈那子さん『EHONTOTE no.3 』さあ、その全貌のお披露目です!制作秘話も…

 

絵本作家さんによる描き下ろしデザインのトートバッグをつくりたい……そんな思いのもとに誕生した絵本ナビ限定グッズ企画「EHONTOTE(絵本トート)」シリーズ。その第三弾、『EHONTOTE no.3 』が完成しました。手掛けてくださったのは、絵本作家松田奈那子(まつだななこ)さん! 前回の記事ではそこまでの発表でした。

 

そして今回は、ついにその全貌のお披露目をしたいと思います。うっとりするような出来上がり、ぜひじっくりとご堪能ください。制作の様子の一部もご紹介します。
 

松田奈那子さん『EHONTOTE no.3 』さあ、その全貌のお披露目です!

「ROOTOTE(ルートート)」さんとのコラボレーションにより、丁寧に進めてきたこの企画。いよいよ、来週には販売スタートの予定(2020/7/3時点)です。まずは、その出来上がりをじっくりとお楽しみください。

【初回特典付】絵本ナビ限定オリジナルトートバッグ『EHONTOTE』no.3 松田奈那子

【初回特典付】絵本ナビ限定オリジナルトートバッグ『EHONTOTE』no.3 松田奈那子

「EHONTOTE(絵本トート)」第三弾!松田奈那子さんによる描き下ろしデザインのトートバッグが誕生しました!

絵本ナビ限定グッズ企画「EHONTOTE(絵本トート)」シリーズは、絵本作家さんによる描き下ろしデザインのトートバッグをシリーズで展開していく企画。第三弾を、大人気絵本作家松田奈那子さんが手掛けてくださいました!

 

【サイズ】W28×H30×約D4cm/持ち手:30cm
【素 材】表地・裏地:綿
【ポケット】外側ファスナー付1か所(ルーポケット)、内側1か所

「EHONTOTE(絵本トート)」第三弾!松田奈那子さんによる描き下ろしデザインのトートバッグが誕生しました!

絵本ナビ限定グッズ企画「EHONTOTE(絵本トート)」シリーズは、絵本作家さんによる描き下ろしデザインのトートバッグをシリーズで展開していく企画。第三弾を、大人気絵本作家松田奈那子さんが手掛けてくださいました!

 

【サイズ】W28×H30×約D4cm/持ち手:30cm
【素 材】表地・裏地:綿
【ポケット】外側ファスナー付1か所(ルーポケット)、内側1か所

まるで草むらの中に迷い込んだかのようなイメージ。表と裏は、パッと見ると雰囲気は似ていますが、それぞれ描き下ろしてくださっているので、よく見ているうちに全然違うデザインだということがわかるかと思います。色とりどりに描かれた愛らしい草花にまざって潜んでいるのは小さな動物たち。実は以外とたくさん隠れているのです。じっくり探しているうちに見つけられますよ。

深い緑色から持ち手の明るい黄色に至るまでの美しいグラデーションにうっとり。(後ろに見えるのは原画です! 制作日記第3回では、奈那子さんへのインタビューとともに改めてしっかりご紹介しますね)

草花の絵に混ざって…「EHONTOTE no.3 」のロゴもしっかりと入っています。

「30分程のおはなし会で使えるトートバッグ」を想定し、平均的なサイズの絵本が5冊は入れられるよう、マチを定型サイズより広めに作っています。それが「EHONTOTE 」シリーズの一つの魅力です。そして、この画像には奈那子さんのサインも入っているのですが……まずは探してみてくださいね♪

意外と収納力があり、丈夫なつくりになっているのは「ROOTOTE(ルートート)」ならでは。図書館バッグにも、ちょっとしたおつかいバッグとしても活躍してくれます。

「ROOTOTE(ルートート)」の特徴はもう一つ、便利なポケットがふたつ付いていること。左側が内ポケット、そして右側が「ルーポケット」となっていて、小さ目な絵本なら入ってしまうくらいの大きさがあります。

いかがでしょうか。子どもにも大人にももちろん、新しいコンセプトでもある「大人の女性が自分用に」というテーマにもしっかりと応えてくださっていますよね。今すぐ、大切な方やお世話になったあの人に贈りたくなってしまうのです…。

そしてもちろん自分用に!! このバッグに合わせて洋服を選びたくなる……ファッションの一部としても感性を刺激してくれる一品です。

はじまりは4つのアイデアから…

店長セトグチの熱い思いが届き、ついに念願だった松田奈那子さんへのオファーが実現。第1回目の打ち合わせでは、「EHONTOTE 」シリーズのコンセプト、そして奈那子さんに期待していることなどをお話させていただきました。

後ろのウエルカムボードに、前のめり気味な店長の気持ちが反映されていますね(笑)。

シリーズ第1弾、第2弾の完成がそれぞれ個性的であり、とても素敵なものだったので、プレッシャーは重なっていってしまうはず……。そんな私たちのいらぬ心配をよそに、次の打ち合わせでは、奈那子さんの方から4つのアイデアを提案してくださいました。

 

愛らしい動物の絵がメインになっているもの、抽象的な形が散りばめられているもの、カラフルなもの。当然、どれも素敵で迷いに迷ったのですが……結果的に選んだイメージは全員一致したのです。不思議なことに、誰もが感触として「このデザインはどのトートバッグにも似ていないものが出来るのでは?」と感じたのです。
 

このシリーズは、作家さんが皆さん先導して企画を進めてくださって…ありがたい限りなのです(涙)。

そしてついに、最終段階のラフへ! 「あれはなに、これはなに」興奮した店長の質問が止まりません。持ち手のカラーも何パターンか試した上で決定。

最終出来上がりを待たずして、コロナの騒ぎにより直接お渡しできない状況へ。残念ですが、完成品をすぐに奈那子さんにお送りしたところ、誰よりも早く商品をチェックしてくれたのは……?

愛猫ミミちゃんなのでした! 先生、いかがでしょうか。

……その感想も含めて、いよいよ次回の「制作日記」では、松田奈那子さんへのインタビューをご紹介したいと思います。このトートバッグに寄せて、なんと特別に「詩」も書き下ろしてくださったのです。販売スタートと同時に、その素敵な「ことば」も公開したいと思っています。お楽しみに♪

(文・構成 磯崎園子 商品撮影 所靖子)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください