スタイルトップ  >  ライフスタイル   >   絵本ナビニュース2019   >   年賀状はママ友より「学生時代の友人」。年賀状はSNS繋がりがない人とのコミュニケーションツール
絵本ナビニュース2019

年賀状はママ友より「学生時代の友人」。年賀状はSNS繋がりがない人とのコミュニケーションツール

年賀状は今年出す予定ですか?”年賀状離れ”と言われている昨今ですが、現代のママたちは、どのように年賀状を捉え、活用しているのでしょうか?その実態を年賀状作成アプリ「ノハナ年賀状」を提供する株式会社ノハナが調査し、結果を発表しました。年賀状作成の参考にしてくださいね。

2020年の年賀状を送るママは約7割

2020年の年賀状を送るつもりですか?

2020年の年賀状を送るつもりですか?(ただし、ハガキで送る年賀状のみを指し、メールやLINE等での挨拶は含まない)」という質問に対しては、「送るつもりである」(44.5%)、「おそらく送ると思う」(20.9%)合わせて65.4%のママが「送るつもりである」と回答しました。

さらに子どもの年齢別に見ると「0〜1歳」の子どものママが「送る」と回答した割合が55.1%だったのに対し、「13〜18歳」の子どものママは68.3%に。おそらくですが、若年層のママのほうが、年賀状を出す割合が少なくなっているのではということが予想されます。

また、ママ以外の女性や、男性を含む全体に同質問をしたところ、「送るつもりである」「おそらく送ると思う」と回答した方の割合は合わせて55.5%となり、全体では、ママのほうが年賀状を出すと回答した割合が多いという結果となりました。

0歳児ママが「年賀状をスマホで作る」割合は23%

年賀状の作成方法をたずねたところ、一番多い回答は「自分でデザインし、自宅のプリンタで印刷」(34.1%)、次いで「年賀状素材を購入・ダウンロードして自宅で印刷」(25.3%)となりました。

PCやスマホのアプリ等で作成する方は、PC、スマホそれぞれ約1割となり、これからの拡大が期待されます。
一方で、長子が0〜1歳のママにおいては、「スマートフォンのオンラインサービスやアプリで注文」と回答した方の割合が23.0%となり、ママの中でも最も高い割合となりました。また、ママ以外の女性や、男性を含む全体の同回答はわずか3.8%となり、こちらと比較するとおよそ6倍の差があることが分かりました。

およそ6割の方が12月に入ってから年賀状作成を開始

2020年の年賀状を作成する時期に関しては、一番多かった回答は「12月上旬」(30.9%)、次いで「12月中旬」(19.4%)となり、全体ではおよそ6割の方が、12月に入ってから年賀状の作成を予定していることが分かりました。年賀状の発売日は毎年11月1日ですが、実際の作成は“直前”となる方が多いようです。

年賀状を送る相手は「ママ友」より「学生時代の友人」が多い!

2020年の年賀状を送る予定の相手をたずねたところ、「家族・親戚」(84.0%)が一番多く、2番目に多かった回答は「学生時代の友人」(79.0%)に。「ママ友」(42.9%)は、前述の家族・親戚や学生時代の友人に比べておよそ半数の回答割合となっており、年賀状は日頃顔を合わせているとママ友と比べると、会う機会が少ないと思われる人に対して、多く送っている傾向があることが見て取れます。

年賀状を出すのは、SNSで繋がっていない相手も多い

2020年の年賀状を送る相手と、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSとの関連性を見てみたところ、「(SNSで)少し繋がっている」(36.3%)という回答が最多に。次点で「おおよそ半数以上は繋がっている」(29.1%)、「ほとんど全員繋がっている」(15.1%)という結果となりました。

こうしたことから、年賀状は、SNSで繋がっていて日常の動向がある程度共有できている人以外にも送られることが予想されます。

年賀状は、あまり会えない相手とのコミニュケーションツールになっている?

年賀状を送ろうと思う理由については、「あまり会えない人と連絡が取れる」(57.8%)がダントツで多い回答となりました。
また、「SNSとは違うやりとりができる」(27.3%)という回答も3人に1人に。近年はLINE等で新年の挨拶を交わすことが多くなっていると思われるものの、一方で、年賀状は、それとは異なるコミュニケーションが取れると考えている方がいらっしゃることが見て取れます。

“写真付き年賀状”は「楽しみ」が「微妙」の約5倍

ママたちの間で議論に上がることも多い?!“写真付き年賀状”について質問してみました。
その結果、多かった回答は「写真を見るのが楽しみ」(52.6%)、「友達の子どもなどの成長がわかるので良い」(50.8%)、「年賀状には写真があったほうが楽しい」(39.7%)という肯定的なもの。
「自慢されているようで微妙」(11.7%)、「写真は別に必要ないと思う」(9.9%)と回答したママもいらっしゃいましたが、「楽しみ」の回答割合は「微妙」と比べて約5倍という結果となりました。

“年賀状離れ”と言われているものの、ママに関しては、全体の7割の方が2020年の年賀状を送る予定だということが分かりました。その一方で、若年層と思われるママが年賀状を送る予定との回答割合は低めに。このあたりに、今後の年賀状への動向が変化する兆候が垣間見えます。

作成方法に関しては、PCやスマホのアプリで作成する方はまだ少数派だったものの、0歳児のママに関しては割合が高く、こちらからも、今後の年賀状の作り方がさらに変わってくることも予想されます。

写真付き年賀状に関しても、肯定的に捉えるママが多いのは、フェイスブックやインスタグラム等のSNSの拡まりによって、家族の写真を目にする機会が比較的珍しくなくなってきたことが、その理由として挙げられるかもしれません。

誰にどのような年賀状を出すか参考になりましたか?年賀状を出す場合は、早めに準備することをおすすめします。

(調査概要)「ママの年賀状白書 2020」株式会社ノハナ調べ
調査対象期間: 2019 年 10 月 17 日 ~ 2019 年10 月 21 日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
スクリーニング調査対象者:10,625名(20代〜60代の男性 5,254名、女性 5,371名)
本調査対象者:443名 (0歳〜18歳のお子様をお持ちのママ(20代:65名、30代:183名、40代:162名、50代:29名、60代以上:4名))

「ノハナ年賀状」ご紹介

 

2013年にリリースされた、スマホで簡単に年賀状が作れるスマートフォンアプリです。手軽さが人気を呼び、オーダー数は年間約210万枚にのぼります。
ママ目線で厳選した350点以上のテンプレートの中からお好みのデザインを選択して、好きな写真やスタンプ、コメントを入れるだけで簡単に上質な年賀状が作成できます。 2020年用のノハナ年賀状は、絵本「100かいだてのいえ」書き下ろし限定デザインをはじめとした人気絵本とのコラボデザインが登場しています。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください