絵本ナビスタイル トップ  >  まなび   >   絵本ナビニュース2020   >   子どもに「夏休み勉強させたい習い事」は英語とプログラミングが上位!
絵本ナビニュース2020

子どもに「夏休み勉強させたい習い事」は英語とプログラミングが上位!

今年の夏休みに体験させたいアクティビティ1位は「キャンプ」

コロナウイルスの感染拡大を受け、イレギュラーな夏が訪れている今、子どもの夏休みの過ごし方についての実態を調査するため、20代~50代の子どものいる親を対象に「2020年子どもの夏休みに関する調査アンケート」が実施されました。
結果、夏休みを子どもがどのように過ごす予定なのか等の実態が見える調査結果となりました。
===============================================================
【「2020年子どもの夏休みに関する調査アンケート」調査概要】
調査方法 : 紙回答
調査地域 : 全国
調査期間 : 2020年6月21日(日)~2020年7月8日(水)
調査対象 : 20代~50代の子どものいる親 男女 計273人

イー・ラーニング研究所調べ
===============================================================

 

(1)2大人気アクティビティは「旅行」と「キャンプ」

「今年の夏休みに体験させたいアクティビティは何ですか<MA>」という問では、第1位が「キャンプ」(166)、第2位が「旅行」(149)になりました。また、「なぜその体験をさせたいですか<MA>」という問では、「自然に触れさせたい」(188)という回答が最も多く、国土交通省観光庁の「Go To Travelキャンペーン」により、新型コロナウイルスの影響もありながらも普段と異なる経験のできるアクティビティを検討している人も多いようです。一方で「オンラインイベント・オンライン体験」(63)と回答している人が2割以上となり、新型コロナウイルスによる感染拡大防止を意識したニューノーマルな夏の過ごし方をする家庭も見られます。

(2)「英語・英会話スクール」「プログラミング」が引き続き上位に! 9割以上がオンラインでの習い事を検討

「子どもの夏休みに勉強させたい習い事は何ですか<MA>」という問では、第1位が「英語・英会話スクール」(145)が最も多く 、続いて「プログラミング」(131)となっています。今年から小学校で開始された英語やプログラミングに関して、学校外での学びとしても注目度が引き続き高いようです。
また「オフラインとオンラインのどちらで、子どもの夏休みの習い事をさせたいですか<SA>」という問では74%が「オンラインとオフラインの両方」(202)と回答しており、「オンライン」(53)と合わせると9割以上がオンラインでの習い事を検討しています。オフラインが一般的だった習い事においてオンラインを視野に入れる家庭が増えてきていることがわかりました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、安全面を意識していることからオンラインの習い事への関心度が高まっていることが考えられます。

(3)半数以上が子どもの夏休み短縮に賛成している!賛成理由の第1位は「学校の遅れが取り戻せるから」

「新型コロナウイルス感染拡大に伴う夏休みの短縮についてどう思いますか<SA>」という問では、「賛成」(147)が半数を超える結果となっています。賛成の理由としては、「学校の遅れが取り戻せるから」(106)が第1位となり、新型コロナウイルス感染拡大による休校処置で発生した学習の遅れを補いたいと思う親が多いことがわかります。また反対の理由としては、約9割が「学習よりもその他の体験を大切にしてほしいから」(22)と回答しており、子どもの学習以外の面の向上を妨げてしまうことが懸念されています。

(4)夏休みの授業に関する不安要素第1位は「感染予防対策」

「夏休みの授業に関する不安要素は何ですか<MA>」では、「感染予防対策」(130)が一番多くなり、“勉強をさせたいが学校に行くのは心配”という教育に関して複雑な心境を抱えていることがわかります。このことからWithコロナ・Afterコロナに向けて、学校現場においてもオンラインとオフラインを融合させた教育を検討する必要性があります。

株式会社イー・ラーニング研究所

名称  :株式会社イー・ラーニング研究所
本社  :大阪府吹田市江坂町1丁目23-38 F&Mビル6F
東京支社:東京都港区港南1丁目8-40 A-PLACE品川1F
代表者 :代表取締役 吉田 智雄
URL  :https://e-ll.co.jp/

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください