スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   2017年 月別児童書ランキングBEST10   >   【ランキング】10月の児童書売上ランキングBEST10は?
2017年 月別児童書ランキングBEST10

【ランキング】10月の児童書売上ランキングBEST10は?

今、絵本ナビで売れている児童書は?
ロングセラーの中でも特に人気なのはどんな作品?
話題になっているのはどんな本?

 

なかなか見えづらい児童書の売れ傾向ですが、少しでも児童書の旬をお伝えできるよう、1ケ月分のランキングを毎月発表していきます。

 

さて10月は、どんな児童書が人気だったのでしょう?

10月の児童書売上ランキングBEST10【2017/10/1~10/31】

第1位は、『がまくんとかえるくん』シリーズ! ベスト10の中にシリーズから3作品もランキング入りしました! できるだけ他の作品も紹介したいので、今回はシリーズで1位とカウントさせていただきます。

『ふたりはともだち』は年間を通じて、根強い人気! NHKのTVドラマでも紹介されました。

仲よしのがまくんとかえるくんを主人公にしたユーモラスな友情物語を5編収録。読みきかせにもふさわしいローベルの傑作です。小学校の教科書に採用されています。

ふたりはいっしょ

がまくんとかえるくんの物語「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5編を収録。ニューベリー賞受賞作。

がまくんとかえるくんのシリーズ4作目。たこあげするときも、誕生日をお祝いするときも、おばけの話をするときも、いつもふたりはいっしょです。

第2位は『エルマーのぼうけん』。おすすめの注目ポイントは、見開きの地図と、エルマーが冒険に出かける時に持っていく道具です!
エルマーのぼうけん

動物島に捕えられているりゅうの子を助けるため、エルマーは冒険の旅にでかけます……。広がる空想、ユーモア、リアリティー。幼年童話の最高峰の一つとして読みつがれています。

9歳の男の子エルマーは、親しくなった野良ネコから、“どうぶつ島”で野蛮な動物たちのとりこになっている、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞いて、助けにいくことにしました。家を抜け出して船に忍び込み、“どうぶつ島”についたエルマーは、トラやサイやライオンなど獰猛な動物たちにつかまりそうになりますが、そのたびに機転を利かせて危機を切り抜け、ついにりゅうの子を助け出しました。

第3位は、どんどんランキングをあげている『ネコのタクシー』
ネコのタクシー

飼い猫になったトムは、ご主人へのお礼にタクシーを始めます。ケーキを運び、救急車になり、泥棒を追いかけ……。小さな町のネコのタクシーは大忙し。愉快な楽しい幼年童話。

4位 『ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)』

ネートと一緒にナゾを解こう!
ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)

世界じゅうで翻訳され、こどもたちに愛されつづけているシリーズ。日本語版の新刊発売につづき、既刊も新装版となって登場!第1弾は『きえた犬のえ』。めいたんていのネートはなかよしのアニーにたのまれて絵をさがすことに・・・・・・。

5位 『大きい1年生と小さな2年生』

最初の刊行は、1970年。40年以上たった今でも全く色褪せない素晴らしい名作です
大きい1年生と小さな2年生

泣虫の一年生まさやと、しっかり者の二年生あきよの友情と自立の物語。

6位 『おしりたんてい いせきからのSOS』

ププッと大人気!!
おしりたんてい いせきからのSOS

おしりたんていのもとに届いたのは、差出人不明の封筒。中には暗号で書かれた手紙と地図が入っていた。おしりたんていと助手のブラウンはまだ見ぬ依頼人を助けるため、地図に記されていたジャングルの奥深くへと向かう。仕掛けだらけの遺跡の中に足を踏み入れたふたりを待ち受けていたもの、そして依頼人の正体とは……。見た目も、推理もエクセレントなおしりたんていが今回もキレキレの推理で大活躍! 絵さがしあり、クイズあり、迷路あり、の2話収録。同時収録は「あやしい ほうもんしゃ」

7位 『先生、しゅくだいわすれました』

先生、しゅくだいわすれました

しゅくだいをわすれたゆうすけ。しどろもどろに口からでまかせのウソでいいわけをしていると、えりこ先生が「だめだなあ、ウソをつくならもっと上手につかなくちゃ」「え?」「すぐばれるようなのはだめよ。それから、聞いた相手が楽しくなるようなのじゃなくちゃ」「楽しくなる?」「そう。聞いた人がウソとわかっても、はははってわらっちゃうようなのじゃなきゃ」「じゃあ、上手にウソがつけたら、しゅくだいやってなくてもしかられないってこと?」「そうねえ。だって、だまされちゃったらしかたないし」といって、えりこ先生はにやっとわらった。…次の日から子どもたちはしゅくだいができなかったわけを考えてきて発表することに…。

8位 『たんたのたんけん』

たんたのたんけん

八月二十九日はたんのたんたの誕生日です。と、どこからかふしぎな地図がまいこみました。矢印や△じるしの書いてある、たんけん地図のようです。さっそく、たんたはたんけんに出発です。すると、どこからか、へんなひょうの子があらわれて……。

9位 『新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル』

新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル

雪の野原でミミズクにつかまったヒキガエルのウォートンは、ミミズクの誕生日のごちそうにされることに。その日は一週間後。ウォートンは逃げ出せるのか…? 大人気シリーズが、大幅に訳を改めて再登場!

  

10位 『しっぱいにかんぱい!』

しっぱいにかんぱい!

人に言えない失敗は、だれにでもあります。達也のおねえちゃんは、小学校のリレーで、失敗をしてしまいます。
朝ごはんも食べられないくらいおちこむおねえちゃん。そんなとき、おじいちゃんから電話がかかってきて…。

 

いかがでしたか?

10月は、名作やロングセラーがよく動いた月だったようで、ランキングでもおなじみのラインナップが並びました。最後におまけとして、ベスト10入りは逃したものの、10月によく売れたハロウィン関連のお話をご紹介します。

おまけ:ハロウィンのお話で売れた本

アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作)

ハロウィーンと家族がテーマの絵童話でありながら、日本が輸入したハロウィーン文化の本場、アメリカでのハロウィーンの楽しまれ方が描かれた科学の本としても楽しむことができる1冊です。外国から引っ越してきたアメリカのことを知らないご婦人に向かって、小さな怪物たちが「お菓子をくれないと、いたずらするぞ!」と叫ぶところからおはなしは始まります。子どもの頃に楽しむハロウィーンの魅力が鮮やかに伝わる作品です。

ぼくはめいたんてい(13) ハロウィンにきえたねこ

ハロウィンの夜に、ロザモンドの飼いねこの「小さいヘックス」がいなくなった!名探偵のネートはおばけやしきに子ねこを探しに……。あいぼうの犬のスラッジの助けもかりて、ネートは「小さいヘックス」を見つけられるかな?

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載