スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本に触れて世界を知ろう!いろいろブックフェア開催中!

絵本に触れて世界を知ろう!いろいろブックフェア開催中!

3/18(日)のスペシャル企画に参加する「おむすびひろば」の2人

行こう!本でつながる川崎の多様性を表現した「iroiro」Book Fair

3月12日からスタートしている有隣堂アトレ川崎店の「いろいろブックフェア」は、川崎市が100周年に向けて作ったブランドメッセージをテーマに開催しています。

 

期間中は、ブランドメッセージにもある「多様性」をテーマに、町の本屋さんが選んだ必見の選書コーナーや本を楽しんでいくただくための盛りだくさんなイベントが!大人も子どもも楽しめるイベントです。3月24日まで。是非お近くの方は足を運んでみてくださいね。

 

ブランドメッセージについてはこちら

【3/18】スペシャル企画!絵本に触れて世界を知ろう!わくわく読み聞かせイベント

いろいろブックフェア期間中、アトレ川崎4階のコモレビテラス(有隣堂の外)にて、3月18日(日曜日)限定のスペシャル企画「絵本に触れて世界を知ろう!わくわく読み聞かせイベント」が行われます!

一体どんなイベントになるのでしょうか。

パントマイムと読み聞かせ

「おむすびひろば」が、読み聞かせとパントマイムで楽しく絵本の世界を表現します。よく知っているはずのお話が新しい絵本の世界を広げてくれます。

今回セレクトした絵本は、多様性をテーマにしています。さて、どんな素敵な物語を見せてくれるでしょうか。

 

※「おむすびひろば」とは、絵本ナビショップ店長セトグチがプライベートで活動しているパントマイムと絵本のパフォーマンスユニットです。

おむすびひろば
パントマイム 金子しんぺいさん
読み聞かせ 瀬戸口あゆみさん

超大型絵本で読み聞かせ

図書館にある大型本よりもびっくりするほど大きい絵本で読み聞かせをします!世界の絵本を展開するWORLDLIBRARY(ワールドライブラリー)のきれいな絵本で世界を感じましょう。

WORLDLIBRARY(ワールドライブラリー)
子どもたちが世界の絵本を通じて、世界を知るきっかけにするために、独自に絵本を翻訳し、レンタル事業等を展開しています。

その他にもみどころたくさん!

くつろぎひろばでゴロゴロ絵本が読める!
テントやラグがあるスペースで、ゴロゴロしながらワールドライブラリーの絵本が読めます。

 

いろんな国を知ってみよう ~ 外国籍の方からのお話コーナー ~
川崎に住むウクライナとインドの方から、絵本や子どものころのお話。

違いを知る楽しさがあります。

 

世界のなぞなぞおさんぽ ~ クイズラリー ~
世界のなぞなぞを探して、有隣堂アトレ川崎店内をおさんぽ。

ゴールしたお子さんにはノベルティのオリジナルクッキープレゼント!

 

今週末、是非川崎近郊にお住まいの方は遊びにいらしてくださいね!

絵本に触れて世界を知ろう!わくわく読み聞かせイベント

 

日程:3月18日(日曜日)

時間:11時、13時、15時。(各回30分程度)

場所:コモレビテラス アトレ川崎4階

主演者:おむすびひろばなど

参加無料!申込不要!

【3/12~3/24】Colors, Future! ブックセレクション@有隣堂アトレ川崎店 

年齢・年代を問わず読み継がれる絵本をテーマに選書された絵本がずらりと並びます。

小さな子どもから年配の方まで、いろいろな年代の人たちが助け合いながら暮らす川崎。その多様な年代の方々に共通して読み継がれた絵本を発行年代別に集めました。

 

たとえばこんな本...

1953年刊『星の王子さま』、1969年刊『スイミー』、1981年刊『どうぞのいす』など

 

他にも、フェア期間中は、限定のオリジナルブックカバーやなぞなぞが楽しめるしおりなどもプレゼントされるのだそう!これは楽しみですね!

 

●フェア限定のオリジナルブックカバー

●世界のなぞなぞを楽しめるしおりをプレゼント

(しおりは5種類。集めて楽しんでね。※配布方法はフェア主催者によります。)

 

ノベルティのイラストはstudioFLATの山内健資さんを起用!

独特の表現でたくさんのキャラクターを生み出している山内健資さん。
物語がある時はストーリーを語りながら制作し、絵本のような作品が完成していきます。そして、粘土で立体制作も行います。近年では本の挿絵やイラスト、商品パッケージのデザインなどをしてみたいと制作への意欲を語っています。

しおりには、山内健資さんの描いた絵が!
しおりは集めたくなるカラフルな5種類。これはその一つ。しおり表
しおり裏。なぞなぞが書いてあります!

studioFLAT

未来へつながる才能の育成と発掘を目的として、障がい者福祉サービス事業所「セルプきたかせ」で行われる絵画活動を通して立ち上がりました。

障がいあるなしに関わらず、作品の魅力そのものを“FLAT” に感じてもらいたい、作品を “FLAT” つまり横並びに展示して「障がい者アート」という概念を超越していきたい、との願いを込めています。

今後の大きな目標は、所属作家の経済的自立です。studio FLAT の活動が既存の福祉を変え、新たな価値創生の原動力となる事を信じて、[FLAT]というコンセプトを発信し続けています。

有隣堂アトレ川崎店ってどんな本屋?

移転しながらも川崎で営業42年。アトレ川崎のリニューアルにともない、よりJR川崎駅に近い4階へ移動。営業時間も平日は朝8時から夜10時半までと、とても便利に。川崎駅を訪れる人にとっての発見と出会いがつまった大人のための知的空間、そんな書店を目指しています。

 

【問い合わせ店舗情報】

営業時間:平日午前8時~午後10時30分 

     土日祝日午前9時30分~午後9時30分
住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1アトレ川崎4F
Web: 有隣堂アトレ川崎店ホームページ
問合せ: 044-200-6831 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください