スタイルトップ  >  たべる   >   夏はひんやりおやつで! おいしく野菜もとれる冷たいデザートレシピ

夏はひんやりおやつで! おいしく野菜もとれる冷たいデザートレシピ

ジメジメとして暑い夏は、どうしても食欲も落ちがちですね。

おやつからも野菜をとって、親子でおいしく夏を乗り切るのはいかがでしょう?

夏休みのおやつに親子で作って、楽しい時間をすごせますよ!カラフルな夏野菜の色からも元気をチャージしてくださいね。

旬の食材を使って♪親子で作れる冷たいデザート

さっぱり!トマトシャーベット

はちみつを加えることで、くだものと間違えてしまうような、フルーティなシャーベットに!

食後にもさっぱりとおいしく食べられますよ♪

袋の上から揉む作業は、お子さんが楽しんでお手伝いしてくれるポイントです!

【材料】(4人分)

  • トマト ・・・2個(300g)
  • はちみつ・・・大さじ2
  • レモン汁・・・小さじ2

【作り方】

  1.  トマトを湯むきする。トマトのヘタを取り、十字に浅く切り目を入れ、沸騰水に10秒入れたら氷水に取り、皮を剥く。
  2.  1のトマトを横半分に切り、種を取り出し、ざく切りにする。
  3.  保存袋にトマト、はちみつ、レモン汁を入れ、袋の上から揉む。
  4.  袋を平らにして冷凍庫に入れ、固める。(目安2時間〜)

枝豆レアチーズ風デザート

ずんだもちなど、和菓子にも使われる枝豆を、洋風デザートにも!

盛り付けの際、容器を植木鉢に、砕いたココアビスケットを土に見立てて入れ、飾りの枝豆は種を植えるようにトッピングしてもらうと、お子さんも楽しんでお手伝いしてくれますよ♪

【材料】(直径4cmの器4個分)

  • プレーンヨーグルト・・・110g
  • クリームチーズ・・・100g
  • 枝豆 ・・・120g(正味60g程度)
  • 砂糖 ・・・20g
  • ココアビスケット・・・4枚 

※クリームが挟んであるココアビスケットは中のクリームをこそげ取ってから使ってくださいね!

【作り方】

  1. 枝豆を茹で、中身を取り出す。クリームチーズは室温におき、やわらかくしておく。
  2. ヨーグルトはペーパータオルにのせ、5分水切りをする。
  3. クリームチーズ、ヨーグルト、枝豆(飾り用4粒は残しておく)、砂糖をフードプロセッサー(ハンドブレンダーも可)に入れ、なめらかにする。器に入れ、1時間ほど冷やす。
  4. ビニール袋にココアビスケットを入れ、麺棒などで細かく砕く。
  5. 3の上に砕いたココアビスケットをのせ、枝豆をのせる。

パプリカアイスのクッキーサンド

パプリカは赤・黄・オレンジなど、お好きな色で。

はちみつを入れることで、アイスがガチガチにならず食べやすいかたさになりますよ!

【材料】(4個分)

  • ビスケット ・・・8枚
  • 生クリーム・・・50cc
  • 砂糖 ・・・小さじ1
  • パプリカ・・・1/4個
  • はちみつ ・・・小さじ1

【作り方】

  1. パプリカはヘタと種を取って耐熱皿に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ600W1分半加熱し、そのまま5分置く。
  2. パプリカの皮をむき(熱いのでやけどに注意する)、5mm角に切り、はちみつと和える。
  3. ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ピンと角が立つまで泡立てる。
  4. 3に2のパプリカを汁ごと入れ、クッキーに挟んで、ラップで包み、冷凍庫で4時間ほど冷やす。

かぼちゃの水ようかん

かぼちゃは甘くて、栄養も豊富ですが、ホクホクの食感のままだと夏には食べにくいかもしれません。

水ようかんにして夏でもツルンと食べやすくしてみましょう。型抜きもしやすいので、お子さんと好きな型で抜いてみてくださいね。

【材料】(作りやすい分量)

  • かぼちゃ ・・・ 種、皮を取り正味250g
  • 水200cc
  • 粉寒天 ・・・ 2g
  • 砂糖 ・・・大さじ2

【作り方】

  1. かぼちゃは2cm角に切り、耐熱皿に入れて、電子レンジ600W3分ほど、火が通るまで加熱する。
  2. 小鍋に水、粉寒天を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火で1分、混ぜながら煮溶かす。砂糖を加え、溶けたら火を止める。
  3. フードプロセッサー(ハンドブレンダーでも可)にかぼちゃと2を入れ、なめらかになるまで撹拌する。
  4. 型、またはバットを水で濡らし、3を流し込み、冷蔵庫で冷やす。好みで好きな型で抜いても良い。

野菜嫌いも克服?!親子で作って元気に夏を乗り越えて!

ご紹介したレシピは、いかがでしたか?

お母さんも食べたことのない野菜おやつかもしれませんね。

この夏、親子で挑戦してみてはいかがでしょう。

おやつでおいしく、野菜の好き嫌いも克服できたら嬉しいですね!

夏野菜のパワーをもらって元気に夏を過ごせますように!

今回教えてくれたのは…

増田陽子(ますだようこ)さん

キッズ食育マスタートレーナー。子どもが小さいうちから食に触れる機会を積極的につくりたい、という思いから、青空キッチン板橋校を開講。

親子で行事や四季を大切にし、楽しく食卓を囲めるように、レシピ提案やコラム執筆を行う。その他、食育イベントや大人向け講座なども実施している。

お子さんと楽しむことができる行事や行事食、食育について無料メルマガで配信しています。

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください