スタイルトップ  >  たべる   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】『バーバパパ』とクリスピー・クリーム・ドーナツがコラボ!3月1日からスタート!
絵本ナビニュース2018

【news】『バーバパパ』とクリスピー・クリーム・ドーナツがコラボ!3月1日からスタート!

春のキャンペーンは、『バーバパパ』がキュートなドーナツに大変身! 2018年 4月17日(火)まで

人気絵本キャラクター『バーバパパ』が、2018年3月1日(木)から4月17日(火)の期間、クリスピー・クリーム・ドーナツとコラボレーションします!お花見にピッタリ?!華やかなバーバパパファミリーが春のキャンペーンにピッタリのドーナツに変身して登場します。

バーバパパファミリーのドーナツは全部で4種類!すっかり気分は春気分!

2018年3月1日(木)から4月17日(火)まで期間限定で、バーバパパファミリーのドーナツが登場します。今回販売されるのは、バーバパパ、バーバママ、そして動物が大好きなバーバズーと歌が上手なバーバララをデザインした4種類です。

 

爽やかなストロベリークリームが詰まった「バーバパパ ストロベリー」、ほんのりビターでなめらかなキャラメルクリーム入りの「バーバズー キャラメル」、口どけなめらかなチョコの顔に、バニラビーンズ入りのカスタードクリームがたっぷり入った「バーバママ カスタード」、赤肉メロンのクリームを入れた「バーバララ メロン」。見た目も春らしくカラフル。これはちょっとしたお土産にも喜ばれそう!

クリスピー・クリーム・ドーナツとは

代表的な『オリジナル・グレーズド®』ドーナツを中心に、高品質のスイーツを提供するリーディングブランドです。米国ノースカロライナ州ウィンストン=セーラムに本社を置き、1937年の創業以来、最高の品質のドーナツとこだわりのコーヒーを提供し続けています。米KKDは、数十年にわたりファンドレイジングプログラムを通じて学校や非営利団体の資金調達に協力しています。2018年2月現在、KKDは世界中で32カ国約1,300店舗を展開しています。2006年 12 月に国内おける 1号店をオープンし、現在に至ります。

バーバパパとは?

『バーバパパ』は、アメリカ人の数学者タラス・テイラーが、フランスで出会った建築士のアネット・チゾンとカフェで語り合ううちに交わした「落書き」から誕生しました。1970 年にフランスの絵本に登場して以来、どんな形にでも変身できる不思議なキャラクターとして世界40ヶ国以上で親しまれています。頼もしいバーバパパと優しいバーバママを囲むのは、にぎやかで個性豊かな7人の子供たち。ストーリーを通じて家族愛や動物愛護、環境保護など、さまざまなメッセージを発信し続けています。2015 年に出版45 周年を迎え、色づかいにこだわった「クラシックシリーズ」の商品化や、著名ブランド、JAPAN ブランドとのコラボレーションなど、既成にとらわれない取り組みが続々とスタート。キャラクターファンに向けて常に新しい話題を提供しています。

ⓒ 2018 Alice Taylor & Thomas Taylor ALL RIGHTS RESERVED.

ドーナツが食べたくなる絵本

ドーナツやさんのおてつだい

ドーナツやのポルカさんは、毎日おいしいドーナツを作っています。
早春のある日、そのこうばしい香りに誘われて、町の子どもたちがわいわい楽しくポルカさんのドーナツ作りのお手伝い!そして、お礼のドーナツを食べていたら、不思議な手紙が一通届きました。
「おいしくて きれいな ドーナツ 100こ、 あした あなもりやまの てっぺんに もってくること!」
ポルカさんと子どもたちが「いっしょに」作るカラフルでおいしそうな100個のドーナツを見ているだけで、おなかが「まんぷく」になりますが、さらにあらたな出会いで心も「まんぷく」に! 幸せいっぱいの春を感じられる、読み聞かせにぴったりの絵本です!

この絵本はアサヒ飲料株式会社より、全国の幼稚園や保育園に2018年の『カルピス絵本』として贈呈されます。

おおきなドーナツ

とんがり山のふたごまじょは、魔法のくらべっこがだいすき。おやつにやいた大きな大きなドーナツで、どっちが遠くまで輪投げができるかな? さてさて、ふたりの投げたドーナツはどこまでも飛んでって…。

ブタのドーナツやさん

これが、おいしいドーナツのつくり方!?

丘の上にある、どじでおっちょこちょいのブタのドーナツ屋さん。いつもひまで、ブタは毎日だらだらと過ごしていました。でもある日50個の急な注文が入り、大慌て。急いでつくり始めますが、どうなることやら…?

丘の上にある、どじであわてんぼうでおっちょこちょいのブタのドーナツ屋さん。いつもお客さんがいなくひまなので、ブタは毎日だらだらと過ごしていました。でもある日50個の急な注文が入り、大慌て。急いでつくり始めますが、そこはどじで、あわてんぼう。さてさてどうなることやら…?
物語が進むにつれて、探し絵をしたり、数を数えたり。いろいろな要素が詰まった、楽しい絵本です。

ドーナツやさん はじめました

リスさんとゾウさんが、ドーナツやさんをひらきました。
ところが、ゾウさんのはながムズムズムズ・・・はくしょ~ん!
たいへん!ドーナツがとんでいって・・・?
ほんわかおかしなドーナツ絵本。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください