絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】暑さ吹き飛ぶ、恐ろしさ! 怖い絵本特集 
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】暑さ吹き飛ぶ、恐ろしさ! 怖い絵本特集 

8月16日~8月22日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

怖いのに、なぜか惹かれてしまう恐ろしい世界。そこには、人の心の根源にあるものや、文化や習俗の深みがあって、私たちはそれにひきつけられてしまうのかもしれません。その魅力を存分に味わえる、「怖い絵本」。刺激、美しさや哀しさ、ユーモア‥‥‥。いろいろな表情を秘めた、「怖い、でも面白い!」絵本。小さい子には怖すぎる絵本もあります。どうぞ心の準備をしてから本を開いてくださいませ。
 

8月16日 そこにいるのか、いないのか。

月曜日は『くうきにんげん』

くうきにんげん

出版社からの内容紹介

「くうきにんげん」を知っているかい?
誰も気づいていないけど、世界中にたくさんいるんだよ。
普通の人間におそいかかって、空気に変えてしまうのさ。

―ほら、君のそばにも。

綾辻行人と牧野千穂が、見えない魔物を描きだす。

読者の声より

こんなにゾワゾワした絵本は初めてです!
こわいものが少しでも苦手なお子さんには、読まない方がいいかもしれません。トラウマになってしまうかも…。
文章とイラスト、どちらもインパクトがとても強いので、
本を閉じた後も、心の中に残ります。
大人のための絵本だと思います。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

8月17日 なにかがふとんに乗っかった! あれ?

火曜日は『とうふこぞう』

とうふこぞう

出版社からの内容紹介

おばけは怖い。怖くて眠れない。なにかがふとんに乗っかった! あれ? 怖くない。京極夏彦と石黒亜矢子による妖怪ナンセンス絵本! なにしにきたのかわからない…。

 

読者の声より

最初はこわいです。ところどころに隠れ妖怪、おばけがいます。
そしてこわい

子供の想像するおばけもこわい(そして実はこどもの顏もなんとなくこわい)

でも、でてきたおばけは なんと!

一人で寝るの怖いよね。でもこんなおばけなら大歓迎。
かわいらしいおばけです。そしていつ現れるかはラストの
お楽しみ。

その日を待ってみたいですね。こわくなくなるかもしれません。
(そよかぜはなさん 40代・ママ 茨城県)

8月18日 100年をこえて語り継がれる怪談の原点

水曜日は『えほん遠野物語 ざしきわらし』

えほん遠野物語 ざしきわらし

出版社からの内容紹介

座敷わらしが住むと伝えられる家は少なくない。この神がいる家は栄えるといわれ…。遠野物語「座敷童」の世界を、町田尚子が美しく妖しく描き上げた。100年をこえて語り継がれる怪談の原点。美しく悲しい物語。

読者の声より

怖いお話を読みたいという9歳長女に選びました。

座敷童っているといいことが起こる、可愛いおばけと思って読んだら、見事に覆されました。「いるといいことがおきるけど、いなくなると嫌なことがおこる」そういうことなんですね。何だかぞーっと鳥肌が立ちました。

長女は面白かったようです。怖いもの好きにはいいのかな?
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子7歳)

8月19日 だれかが あとを ついてくる音がする……?

木曜日は『ついてくる』

ついてくる

ついてくる

作・絵:小川 育
出版社: 教育画劇

出版社からの内容紹介

遊びに夢中になっていったら、すっかり……帰るのが、遅くなってしまった。早く帰らなくちゃ。
ひた、ひた、ひた……かさ、かさ、かさ……くわ、くわ、くわ……ぴち、ぴち、ぴち……ぼう、ぼう、ぼう……ぺと、ぺと、ぺと……
だれかが あとを ついてくる音がする……?
ページをめくるたび繰り返される、ドキドキの<緊張>と安堵の<弛緩>。
さあ、あなたも絵本を開いて、一緒に後ろをふりかえってみませんか?

8月20日 しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。

金曜日は『あずきとぎ』

あずきとぎ

出版社からの内容紹介

しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。「ああ、それはあずきとぎだ。おばけだよ」京極夏彦と町田尚子が届ける絵本史上最高の恐怖。極上のぞくっが待っている!?

読者の声より

実はこの手の絵本が好きなので、評価は高くしていますが、苦手な人は要注意です。

とりあえず、さらっと読みましょう。
その後、犬に注目してもう一度読みましょう。
一度目より、二度目の方が怖いです。
小さすぎるお子さんは、おそらく意味が汲み取れないので怖がらないと思いますが、ある程度絵本の内容が理解出来る子は、怖がったり不思議がったりすると思いますので、お子さんに与える前に大人が一読して下さい。
(lunaさん 20代・ママ 男の子5歳)

8月21日  掟を破った男の子とおじいさんが出会ったのは‥‥‥

土曜日は『うみぼうず』

うみぼうず

出版社からの内容紹介

ニシンが取れず、貧しさと飢えに苦しむ男の子とおじいさんは、ついにおきてを破って舟を出した。漁を終え、急いで浜へと戻る途中で出会ったのは…。北の海を舞台に繰り広げられる、こわーい話。

読者の声より

海が荒れている場面の絵がほんとにこわかったです。息子も、はじめのうちはニコニコお話を聞いていましたが、うみぼうずが出てくるころには真顔になっていました。
絵も文章もすばらしくて、お話の中にひきこまれました。なので。実際にこんな場面に遭遇したら、ほんとに生きた心地がしないだろうなと大人の私でも、恐ろしくなりました。
迫力満点のおばけ話でした。
(てつじんこさん 30代・ママ  男の子5歳、男の子2歳)

8月22日 中が気になっても決して入ってはいけません。

日曜日は『空き家』

空き家

出版社からの内容紹介

町の外れにある一軒の空き家。生い茂った草木に囲まれていて、まるでおばけ屋敷みたいだ。わたしはずっと、家の中が気になっていた。――あなたの身近に空き家はありますか? でも、中が気になっても決して入ってはいけません。なぜなら……。磨き抜かれた鉛筆画と文章で、見知らぬ土地にひそむ不穏なうごめきを描く。

選書・文:秋山朋恵(絵本ナビ副編集長)

 

 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください