スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】スヌーピーデザインホテル 「PEANUTS HOTEL」(ピーナッツ ホテル) 2018年夏、神戸にオープン!!
絵本ナビニュース2018

【news】スヌーピーデザインホテル 「PEANUTS HOTEL」(ピーナッツ ホテル) 2018年夏、神戸にオープン!!

お食事やお土産も!人気「PEANUTS Cafe」も併設されたなつかしいけどモダンなホテル

今年の夏、神戸を旅行するなら「PEANUTS HOTEL」へ。

 

スヌーピーやピーナッツに登場する個性的なキャラクターをテーマにしたデザインホテル、「PEANUTS HOTEL」(ピーナッツ ホテル)が、2018年夏に神戸にオープン!海と山にかこまれた、日本が誇る観光都市。“KOBE(神戸)”と言えば、古くからのレトロな街並みが残った“異人館”や“旧居留地”など、明治時代に開港した神戸の港から西洋と東洋の融合した神戸ならではの異国情緒あふれる文化を作り上げ、現在でも年間100万人を超える海外からのインバウンド利用など、国内外から多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

 

「ピーナッツ」の原作者チャールズ M. シュルツがアトリエを構えた、古き良き時代を継承しているアメリカ・サンタローザの街や自然とともにあるカリフォルニアの空気感は、神戸のレトロモダンな雰囲気と重なります。レトロな神戸らしい風合いのビル。そして、お出迎えするのは、愛らしいピーナッツのキャラクターたち。ミッドセンチュリー調の家具や日本の洗練されたモダンをちりばめた、どこか懐かしく新しい、ちょっとしたユーモアを感じる空間。1Fには東京・中目黒で人気の「PEANUTS Cafe」も併設し、お食事やおみやげのグッズ購入を楽しめます。

 

時代や世代を越えて、ピーナッツのルーツを感じることができ、さまざまなお客様との繋がりやコミュニティが生まれ、「PEANUTS HOTEL」で過ごし出会った人々の心があたたかくなる、そんなカジュアルでフレンドリーなデザインホテルです。

 

素敵なホテルの予感!

今後の最新情報を期待しながら、夏の計画の候補先にしてみては?

ホテル概要

名称   :PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)

オープン日:2018年夏

客室数  :全18室

公式サイト:後日公開

 

<1階併設>

名称   : PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)

オープン日: 2018年夏

席数   : 約40席

公式サイト: http://www.peanutscafe.jp/

Instagram : http://instagram.com/PEANUTSCAFE_TOKYO

※現在の中目黒PEANUTS Cafeのサイト、アカウントとなります。

■株式会社ポトマックについて

飲食店運営及び洋菓子製造販売の事業展開を中心に、商業施設・店舗プロデュース事業、イベント制作・音楽レーベル事業、店舗デザイン・設計施工事業などを手掛ける。様々な業態の店舗を企画し運営する、神戸市に本社を置くクリエイティブ企業。

http://www.potomak.co.jp/

 

2015年10月に中目黒に「PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)」を、2016年4月に六本木のスヌーピーミュージアム内に「Cafe Blanket(カフェ ブランケット)」をオープンしました。また昨年12月20日には横浜・みなとみらいエリア“MARINE&WALK YOKOHAMA”にアメリカ西海岸のシーサイドダイナーをイメージした「PEANUTS DINER(ピーナッツ ダイナー)」をオープンしました。

 

■参考 「ピーナッツ」とは

チャールズ M. シュルツ原作のコミック「ピーナッツ」は、1950年10月2日にアメリカの7紙で連載がスタートした20世紀を代表する新聞連載コミックです。主人公チャーリー・ブラウンとその愛犬スヌーピーなど個性的な登場キャラクターが世界中で愛され、現在も75カ国21の言語、2,200紙で掲載されています。

「ピーナッツ」アニメーションは季節の風物詩となり、商品は文字通りすべての流通チャネルを通して提供されています。「ピーナッツ」は、DHXメディア とチャールズ・M・シュルツ・クリエイティブ・アソシエイツがジョイントベンチャーで設立したPeanuts Worldwide LLCが権利元として、グローバルでライセンスビジネスを展開しているプロパティです。日本においては、ソニー・クリエイティブプロダクツが、Peanuts Worldwide LLCのエージェントとして2010年より本格的にライセンスビジネスを展開しています。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください