絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   子どもと作る「ほうれん草とカリカリチーズのチヂミ」で野菜をたくさん食べよう!
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

子どもと作る「ほうれん草とカリカリチーズのチヂミ」で野菜をたくさん食べよう!

お野菜を、おやつの様にパクパク食べてくれるには?

 

おやつの時間は、"お菓子を食べる" という習慣を、体の為に"お野菜" も食べる時間になってくれると嬉しいですよね。

また、おやつに野菜を取り入れることで、おかずにお野菜をたくさんいれなきゃ!という気持ちを、楽にしてくれるのも嬉しいポイント!

 

そんなママの願いを叶えてくれる、

今が旬のほうれん草をどんどん食べたくなるような、カリカリチーズがポイントのチヂミレシピのご紹介です。

冬に栄養たっぷりの「ほうれん草」

今が旬のほうれん草は、スーパーなどの地産地産コーナーにもたくさん並びはじめ、鮮度も値段もママには嬉しい時期です。また、夏に比べて栄養価も高く、特に、鉄分やビタミンも豊富で女性には強い味方!と聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

こんな風に栄養たっぷりのほうれん草は、親子でたくさん食べてほしい食材の一つです。

【レシピ】子どもと作るほうれん草のチヂミ

材料 ※作りやすい分量

  • ほうれん草・・・1把(わ)

 

【A】

  • 卵・・・1個
  • 小麦粉・・・50g
  • めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ2
  • 水・・・70ml
  • チーズ・・・40g

 

  • 油・・・薄くひける量
    ※フッ素加工等で焦げ付きの心配がないフライパンは、なくてもOKです。

作り方

  1.  ほうれん草はさっと茹で、食べやすい大きさに切る。
  1.  ボウルに【A】を入れ、ダマがなくなるまでよく混ぜる。ほうれん草、チーズも入れ、軽く混ぜる。
  1.  フライパンに油をひき 2 を薄く広げ、中火にかけ蓋をする。焼き色がついたら裏返し、チーズがカリカリになるまで弱火で焼く。

※ほうれん草以外にも、千切りにしたじゃがいもやにんじんなどもおススメです。
※食べやすい大きさに切って、手づかみで食べてもOK!出来立ては熱いので、ママが一度触って確認してくださいね。

お手伝いPoint

  • ほうれん草をよく洗おう!
    根の部分には土が残っていることもあるので、しっかり洗ってもらいましょう!
    農家さんの見えない作業を知ることもできて、感謝の気持ちが生まれますね。
  • ほうれん草の大きさを決めよう!
    感触を楽しみましょう!
    繊維も豊富なほうれん草は、子ども達にとっては食べにくい場合もあります。そんな時は、自分の好きな大きさを教えてもらいましょう!食べやすい大きさを知ることで、好き嫌い克服にも繋がるかも。
  • 材料をボウルに入れて、よく混ぜよう!

    混ぜる作業は、大得意な子ども達におまかせ!
    こぼれるのが心配な時は、新聞紙を敷いたりして、先に対策するのもおすすめです。

  • 焼けたかどうか、確認してみよう!
    加熱することでどんどん固まっていくよ!
    大人にとっては当たり前の変化でも、子ども達にとってはとっても不思議で楽しい発見です。

※ お手伝いを頑張る子ども達へ

「すごいね!」「ありがとう!」とがんばりを認める声掛けもご一緒に!

おやつの時間に、手軽に作って食べれるお野菜メニューもおススメ!

一度の食事の時間に多くの量が食べられない子ども達とって、「補食」としておやつの時間にエネルギーを補うことも大切と言われています。そこで、おにぎりやお芋、今回ご紹介したチヂミなどは子ども達へのおやつにはとってもぴったりのメニューです。

もし、お子さんが甘いものばかり欲しがって悩んでいるママは、おやつにも気軽に取り入れられるお野菜メニューにチャレンジするのもおススメ。

毎日3食にプラスして、お野菜を食べるチャンスが増えることは、ママにとっては嬉しいですよね。また、おやつに野菜が取れていれば、夕食時など、お野菜が少ないかな?という心配も解消されそうです。

ただ、美味しいお菓子も可愛いデザートもたくさん売られているので、ママが神経質にならず、子ども達の気持ちに寄り添いながら上手に取り入れてみて下さいね。

 

レシピを通して、楽しくお野菜を好きになれる親子の時間を過ごしてもらえると嬉しいです!

今回教えてくれたのは…

石動敬子(いしないけいこ)さん

 

キッズ食育マスタートレーナー

青空キッチン大分坂ノ市/大分駅前スクール主宰

 

大分県在住。2児(4歳、7歳)の母。
「夜ご飯はお菓子が食べたい!」という娘の一言がきっかけで、これから自分の意思で食を選び始める子ども達に、楽しみながら食の大切さを知ってほしいと考える。
子どもの食育スクール「青空キッチン」ではみんなが笑顔で楽しく食と関われるレッスンを日々心がけている。
また、大分県を中心に食育イベントなども開催し、子どもに特化した食育活動を行う。

食育スクール「青空キッチン」からのレシピ本販売中!

3歳から始めるお料理レッスン

3歳から小学校6年生までが対象の食育スクール「青空キッチン」。実際に料理を体験することで、子どもたちの自立心や協調性、想像力を養い、学習意欲を高めることができます。さらに、好き嫌いが減るという、うれしい効果も。
この本では、青空キッチンのレシピ82品をわかりやすく紹介しています。子どもにお願いできる作業を色分けして示しているので、3歳の子でもムリなく安心して料理に挑戦できます。さらに、「食育のポイント」や、興味をうながす言葉がけの例も載せているので、ご自宅にいながら青空キッチンのレッスンをおこなえますよ。
食は、人間を健康にし、生活を豊かにするうえで欠かせない要素。好奇心旺盛な子ども時代に料理を学べば、一生を通じての宝物になります。
お料理レッスンで楽しい親子の時間を過ごしましょう!

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください