絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   季節のおすすめ読み物   >   春に読むならどんな本? 小学1年生、2年生におすすめのお話10選
季節のおすすめ読み物

春に読むならどんな本? 小学1年生、2年生におすすめのお話10選

 

春は卒園式や入学式、始業式、クラス替えなど大きな行事を前にそわそわしたり、だんだん暖かくなってくる気候にワクワクしたり、新しい学年への期待もあったり。1年のうちで子どもたちにとっても気持ちが1番揺れ動く季節かもしれませんね。そんな落ち着かない気分の時には、好きな本を読んでもらったり、春らしい軽やかなお話に集中してみるのはいかが?

小学校低学年の子どもたちに、春におすすめしたいお話を3つのテーマに分けてご紹介します。

 

※新一年生についてはひとりで読むにはまだ難しい本が多いので、ぜひ大人の方が読んであげて下さいね。

春に読むならどんな本?

優しい気持ちになれる、ともだちのおはなし

春は、さよならの季節でもあるけれど、新しい出会いもいっぱいの季節。

新しいともだちとの素敵な出会いがたくさんありますように。

はじめてのあいさつ、できるかな?

やまねこのこんにちは

みどころ

はじめて出会う人に自分のことをよく見せたい。そんな風に思ったことはありませんか?

「なんといっても さいしょが かんじん。」
森の奥の小さな家に引っ越してきたやまねこは、ご近所さんにかける最初のあいさつを考えながら野原へ続く道を歩いていきます。すると近くに住む動物たちが、あきちに集まっていました。「よし、こんにちはって いうぞ」と思ったその時、みんなが自分のうわさ話をしていることに気づきます。

「ひっこしてきたのが おしゃれな こ だったら いいな。」それを聞いたやまねこはあわてて家に帰り、特別立派な上着に着替えます。そしていざ挨拶をしに出て行こうとすると今度は、「おしゃれも いいけど、ものしりな こだと いいなあ。」という声が。外見はなんとかなっても急にものしりになるのは大変ですよね。やまねこはどうしたのでしょう。その後も次々と動物たちが話す自分への期待に応えようと頑張り、なかなか挨拶できないやまねこ。そのうちちょっとした事件が起きて……。

(続きはコチラ>>>

読者の声より

引っ越してきたやまねこが
森のご近所さんにとけこむためにあいさつに出かけて・・。

初対面。
少しでもよく思われたい。
そんな気持ちは誰にでもあります。
でもそれは、迎合することじゃない。
試行錯誤の中
結局、素の自分で勝負することに決めたやまねこは
良い決断をしたと思います。

無理をしたお付き合いって続かないもんねと
思わずにっこりしました(#^.^#)
(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

ともだちの良さに気づける優しいお話

くまくんとうさぎくん くもようび

みどころ

ある「もくようび」のこと。うさぎくんが家でおやつを食べようとしていると、ドアのところですごい音がしました。ドアの外にいたのは、なんと、どろだらけのもじゃもじゃのかたまり。ホースの水で洗ってあげると、出てきたのは仲良しのくまくんでした。森の中でどろんこの穴に落っこちてしまったというくまくんは、うさぎくんに「きょうはなんようびだっけ?」とたずねます。聞けば、大切な帽子を川に落っことしたり、大きなたんこぶができたりと、嫌なことが起こるのはいつも「もくようび」だというくまくん。しょんぼりしているくまくんを見てうさぎくんはいいことを思いつきます。

この「くもようび」というお話をはじめとして、熱で学校をお休みしているくまくんに、うさぎくんがくまくんの好きなあるものをお見舞いに届けてあげるお話、くまくんがうさぎくんになって、うさぎくんがくまくんになるというとりかえっこをして相手の身になってみるお話、ふと出会った美しい景色やきれいなものを相手にも見せてあげたいと思いあうお話など、ともだちを思う優しさにあふれたお話が4つ入っています。

子どもたちが成長していく中で出会う、自分と違ういろいろな性格のともだち。でも違うからこそきっと面白いし、発見がたくさんあるものですよね。のんびりやのくまくんと、げんきなうさぎくんも、性格や苦手なものが違ってもとっても仲良し。

(続きはコチラ>>>

読者の声より

なんて可愛らしいお話なんだ、、、

お話は4つ入っています。

児童書ですが、簡単に読めます。

うさぎくんはどちらかというと勢いでパッと行動するタイプで

くまくんはのんびりしたタイプです。

この組み合わせが非常にいいです。

お互いをうまくカバーできているので

バランスが取れています。

挿絵は普通にたくさん入っているので、

見せながら読み聞かせできますよ。
(ジョージ大好きさん 40代・ママ 男の子11歳)

雲の上のくにや地底のくにってどうなってるの?

そらのかんちゃん、ちていのコロちゃん

雲の上のくに 地底のくに 氷のくに

かんちゃんは、雲の上のくにに住んでいます。ある日雲からおっこちて、着いた先は、火山の中の地底温泉プール。地底のくにに住むコロちゃんと友だちになりました。ふたりは、雲の上のくに、地底のくに、氷のくにで、たっぷり食べ、遊びます。それは、幼い子どもたちの暮らしそのものです。「スノークリームにじシチュー」「こうもりつうしん」など魅力的な食べ物や脇役も登場する、不思議で楽しいお話です。全3話。

読者の声より

雲の上に住んでいるかんちゃんと地底に住んでいるコロちゃん、それに氷の国のレンちゃんの、不思議な交流物語です。
くすぐったくなるような甘くてまろやかで、美味しそうな食べ物がいっぱ出でてきます。
東直子さんの新しい一面に出合ったような気がします。
おじさんはこのような作品は得意ではないので、おしゃまな女の子にプレゼントしようと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

学校に行くのが楽しみになるおはなし

きつねだって、ねこだって、おにだって、みーんな学校に行ってみたい!

学校に通うワクワクした気持ちがたっぷり詰まった楽しいお話をご紹介します。

それぞれの学校でどんなことを勉強するのか? というあたりにも注目してみて下さいね。

『ルドルフとイッパイアッテナ』の斉藤洋さんが描く、ゆかいなこぎつねのお話

こぎつねいちねんせい

こぎつねは人間に化けて学校へ。授業で当てられたり、楽器に化けたり。
とうとうしっぽが!?一年生になるのが楽しみになる幼年童話。

読者の声より

タイトルどおり
1年生くらいの子に丁度いいような文字量の児童書です。

人間の通う小学校に通いたくなった子狐は
父さん狐の準備も待たずに、
人間の子に姿を変え、小学校に行きます。
先生の配慮で無事クラスに入れた子狐。
この先生が実は、ものすごく懐の深い先生で
その暖かさは、ラストに明かされます。
父さん狐の過去とともに・・。

学校の生活が描かれているので
入学前に読んでみるのがいいかもしれません。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子8歳)

早く大きくなりたい、お兄ちゃんたちに追いつきたい

ちびおにビッキ

みどころ

ビッキは、とうがらしのように真っ赤っかで、くりっとした目をした、おにの子。
頭には、もじゃもじゃの毛にうまるように、小さい角が一本はえています。
ビッキは家族と一緒に、おにの村に住んでいます。
お兄ちゃんとお姉ちゃんは、おにの学校に通っていますが、ビッキはまだ通えません。
なぜなら、大おに校長の金ぼうより背が大きくならないと入学できない決まりだから。
くやしいビッキは、いつか学校に入学し、授業についていけるようになるため、毎日ひとりで特訓を重ねますが……。

そんなビッキがある日、ひょんなことから、とんびにさらわれてしまいます!
空の高いところから「ギャーッ!」と落ちてしまうビッキはどうなるの!?

本書は「こぐまのどんどんぶんこ」シリーズの一冊。
本を読むのがちょっと苦手な子も、どんどんたのしく読めるようにと工夫された幼年童話シリーズです。
小学校低学年の子どもたちの1人読みにはぴったり。絵本の次に何を読もうかと迷っているお子さんがいたら、ぜひ手渡してあげたいシリーズです。
(続きはコチラ>>>

読者の声より

おにの学校に行くには校長先生の金棒以上の身長にならないといけないらしいです。
おにいちゃんおねえちゃんのように学校に行きたいちびおにビッキ。おにいちゃんおねえちゃんがいる子は特に共感できるかも?兄姉がいなくても大きい子にあこがれるとか学校に行きたいという気持ちはわかるかなー。
大きくなるために…と言ってもまさかトンビにさらわれてしまうのはビッキも想定外ですよね。

(みちんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

がんばれ、やぎこ先生! こんな先生いたらいいな。

やぎこ先生 いちねんせい

春の訪れとともに、山里の小さな小学校にやってきたのは、「先生一年生」のやぎこ先生。さっそく、入学したばかりの一年生子やぎたちと、ハラハラドキドキの一年がはじまります。けれども、事件をおこしてしまうのは、やぎこ先生ばかり。学校に着ていく服に悩みすぎて遅刻したり、夏休みの宿題を出し忘れてしまったり……。でも、八匹の子やぎたちは、元気なやぎこ先生の背中を見ながら、たくましく成長していきます。

読者の声より

やぎやま小学校にやってきた、新人のやぎこ先生は、着る服に迷って遅刻したり、夏休みの宿題を出し忘れたり。(笑) 校長先生に怒られてばかりのやぎこ先生が、とってもチャーミング。給食に出てきたやぎこ先生の苦手なものをクラスの子どもが代わりに食べてくれたり・・。生徒のこやぎたちと共に、成長していく様子がユーモアたっぷりに描かれています。入学を控えたお子さまにとっては、きっと小学校って楽しそう!と思える1冊です。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

茶畑小学校ではどんなおべんきょうをするのでしょう?

こねこのレイコは一年生

“レイコも学校にいって、かしこくなりたいよー”

小学校に通うことになった、元気いっぱいな赤さび色のこねこのレイコ。

わんぱくな黒ねこのパコ・しっかりもののミュウ・あまえんぼうのぶちねこリク・たれ目のしまねこヨーイチ……ゆかいな友だちや、トラキチ先生にかこまれて、にぎやかな毎日がはじまります。

読者の声より

霊園で、電気屋さんに拾われたこねこのレイコ。
電気屋のご主人は、レイコに賢いネコになってもらうため、ねこの小学校に通わせることにします。
猫がきちんと学校に通い、交通ルールや世の中のことをきちんと学ぶというところが面白いです。
ほのぼのしていて、クスッと笑えて、温かな気分に。
1年生に、ゆっくり読んであげたいお話でした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子10歳)

明るくゆかいなお話

明るく軽やかな春らしいお話をピックアップしました。

ユーモアいっぱいの心温まるお話です。

サンタクロースだって、春の楽しさを味わいたい!

サンタクロースのはるやすみ

サンタクロースは正体を隠して、春の町に遊びに行きました。
ところが、子ども達から「この おじいさん、サンタさんから おひげと 赤い鼻もとっちゃった」と疑われて、なんと警察に捕まってしまいます!
サンタクロースは、どうやって、本物のサンタクロースだと証明したのでしょうか?
読んだらあたたかくて幸せな気持ちになります。

読者の声より

おしのびで街歩きをしたいサンタさん。
変装してワクワクしている姿が可愛いです。
でも、泥棒と間違われてサンタだ!と自分の正体をあかしてしまいますが、素敵なことが、、、。お互いに感謝し、思いやる気持ちの大切さを実感できました。

(えみりん12さん 40代・ママ  女の子10歳)

でたらめな動物の名前を言ったら、その動物がつぎつぎに出てきてびっくり!

へんてこもりのはなし1 へんてこもりにいこうよ

ヘンテ・コスタさんがつくったへんてこもりは、本当にへんてこ。仲良し四人組が動物しりとりをしていると?。

読者の声より

へんてこもりにいこうよ、これは6歳の息子に読んで大うけだった本です。
子どもたちがしりとりをしていくのですが、途中で思いつかなくなり思いついた適当な言葉を言ってしまいます。
ところが、その言葉にぴったりの生き物がどこからともなくあらわれて、とってもおもしろいのです。

まるぼ、ぼさこう、うるりんぞ、なーんて言葉だけでも笑えるじゃないですか!
それにぴったりの生き物がまた個性豊かで子どもはこの本にすっかりはまってしまいました!

この不思議ワールドに子どもはきっと夢中になるでしょう。

(ラブケイさん 30代・ママ 男の子6歳 男の子3歳)

もしランドセルがしゃべったら……!?

ランドセルのはるやすみ

みどころ

今日は、学校で春の遠足に行く日。
「つれてって、つれてって。えんそく いっしょに、つれていって」
朝からだだをこねているのは、おとうちゃん!
さらに、「ねえ、けんいちくん。えんそく、わたしも つれていって」
声がする方を見回すと、しゃべっていたのは、いつも使っているランドセル!
なんと手と足が生えていて、目と鼻と口。ぶっといまゆげまでできていたのです。
驚くけんいちとおかあちゃん、おとうちゃんを前に、ランドセルは礼儀正しく挨拶し、遠足に一緒に行きたい、はるやすみが欲しいのだと言います。

おかあちゃん、そして担任の先生を説得して、なんとか遠足に行けることになったランドセル。遠足の向かう先は、「りゅうせん山」。物知りなランドセルはあっという間にみんなの人気者に。お昼ごはんになるとみんなが一緒に食べようと集まってきます。しかしそこにいじめっこもやってきて、大変なさわぎに。
(続きはコチラ>>>

読者の声より

もうすぐランドセルを背負って小学校に行く娘に
借りてきたのですが、主人公のけんいちは二年生でした。

けんいちが遠足に行く日。ランドセルも一緒に行くと言い出します。
このシリーズはどれもこんな風に
突然物がしゃべりだしわがままを言います。
でもそれはわがままのようで唯一の願いなのです。

願いが叶うともう後は現われません。

でもけんいちは次に現われたら
「今度は家族4人で海に行こう」と約束するんですよ。
ランドセルを大切に思う気持ちがいいです。

一年生になる娘も6年間家族みたいに
ランドセルを大切に使ってくれると嬉しいです。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

いかがでしたか。

お子さんと一緒にぜひ春のお話を楽しんでみて下さいね。

 

秋山朋恵(絵本ナビ 児童書担当)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください