絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビテーマ別絵本ランキング   >   「てぶくろの絵本」人気ランキング1位~10位
絵本ナビテーマ別絵本ランキング

「てぶくろの絵本」人気ランキング1位~10位

「てぶくろの絵本」絵本ナビで売れている人気絵本10選

寒い冬にかじかんだ手をあたためてくれるてぶくろ。ふたつ揃った可愛らしい存在です。外で遊ぶことの多い子どもたちにとっては、大事なおともだちでもありますよね。 ここでは、絵本ナビが独自に集計した、テーマ「てぶくろの絵本」の人気ランキング10位から1位まで発表します! お気に入りのてぶくろの絵本が見つかりますように。

10位 『てぶくろがいっぱい』(偕成社)

なくした手ぶくろ、どこにある? ルイス・スロボドキンのやさしい絵本

てぶくろがいっぱい

手袋を片方なくしたふたごの家に、続々と落とし物の手袋が届けられます。いったいどうしたらいいのでしょう? 心暖まるお話絵本。

9位 『 ぼくのてぶくろ』(岩崎書店 )

大切な手袋の片方はどこ?!

ぼくのてぶくろ

家に帰ると片方のてぶくろがなくなっていた。自転車に乗っても寒くない、雪遊びをしても大丈夫。
いつも一緒だった思い出いっぱいの大切な手袋をぼくは探しに行かなくちゃ!

8位 『てぶくろをかいに』(金の星社)

いもとようこさんの絵で贈る、大人になっても忘れたくない物語

てぶくろをかいに

きつねの親子と人間の心の交流を描いた名作!
子ぎつねに手袋を買いたい母さんぎつねは、人間が怖くて町へ行けません。
そこで、子ぎつねの手を人間の手に変えて一人で町へ行かせますが…。
動物と人間の温かい愛で包まれた物語。

7位 『英日CD付 英語絵本 てぶくろ THE MITTEN』(ラボ教育センター)

読んで、聞いて、英語で楽しむ名作絵本

英日CD付 英語絵本 てぶくろ THE MITTEN

雪におおわれた静かな森の道におじいさんが手袋を落とします。そのあたたかそうな手袋の中に,ネズミが,カエルが,キツネが…なんと大きなあの動物までが入ってきました。ラチョフの描く動物たちがいきいきして愛らしいです。くりかえしのことばがリズミカルで楽しいウクライナの民話です。CDの最後には,"Silent Night" "Jingle Bells"の2曲が収録されています。

6位 『てぶくろ』(ブロンズ新社)

新鮮なイラストレーションとポップな再話で楽しむウクライナ民話「てぶくろ」

てぶくろ

寒い雪の日、ぼうやが落としたてぶくろに、
つぎつぎに動物がもぐりこんでいきます。
もぐら、きつね、うさぎ、そしてくま !
てぶくろはいったい、どうなってしまうのでしょう?
子どもたちに愛されつづける人気のウクライナ民話が
新鮮なイラストレーションとポップな再話で登場!

5位 『もりのてぶくろ』(福音館書店)

てぶくろの形のきれいな黄色の落ち葉に、森の動物たちがやってきて……

もりのてぶくろ

きれいな黄色の葉が1枚、森の小道に落ちていました。その形は、まるでてぶくろのよう。通りすがりの動物たちはみな、そっと手をあててゆきます。最後にやってきたのは……。

4位 『あかいてぶくろ』(小峰書店)

幸せの形はそれぞれ。たくさんの人たちの心を包み込んでくれそうなお話です。

あかいてぶくろ

いつもいっしょにちびちゃんの手を温めていた一組の赤い手袋。ある日、ちびちゃんは森で右手袋を落としてしまいます。通りかかったキツネが手袋を見つけて枝にかけておきますが、風で飛ばされてしまって…。

3位 『てぶくろ』(講談社)

朝日新聞に投稿された実話をもとにした、心がぽかぽかになる絵本

てぶくろ

寒い冬の日、おねえちゃんとお出かけした、うさぎのみみたんは、てぶくろを持ってきていませんでした。おねえちゃんは、片方の手からてぶくろはずし、みみたんに貸してあげます。もう片方のてぶくろも貸して、と言うみみたんに、おねえちゃんは、てぶくろをしてない手で、みみたんの手をぎゅうっとにぎってあげます。こうして手をつなげば、てぶくろはひとつでも二人ともあたたかいね。そこへ二人のお迎えに来たおばあちゃん。おばあちゃんもてぶくろをしてません。でも、みみたんがぎゅうっと手をにぎってあげると、てぶくろはひとつでも三人とも温かい。どんどんふえていくと……。朝日新聞に投稿された実話をもとにした、心がぽかぽかになる絵本です。
3さいから。すべてひらがな。

2位 『手ぶくろを買いに』(偕成社)

黒井健さんの情感豊かな絵で味わう新美南吉の名作童話。

手ぶくろを買いに

冷たい雪で牡丹色になった子狐の手を見て、母狐は手袋を買ってやろうと思います。黒井健の情感豊かな絵で表現された南吉の世界。

1位 『てぶくろ』(福音館書店)

「てぶくろの絵本」第1位は、こちら! ウクライナ民話から生まれたこちらの絵本は、1965年に内田莉莎子さんの翻訳で発売され、今でも変らず子どもたちに読み継がれています。

愛され続ける、ウクライナ民話

てぶくろ

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、とうとう手袋ははじけそう……。個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。

 

「てぶくろの絵本」ランキング、いかがでしたか? ロングセラーの作品とともに、2021年発売の新刊、林木林さんと岡田千晶さんのタッグによる新たな名作絵本、『あかいてぶくろ』がランクインしました。また、ウクライナ民話の「てぶくろ」と新美南吉の「てぶくろを買いに」の物語が、様々な画家の手でそれぞれの魅力ある絵本となって、愛され続けているのも印象的ですね。並んだてぶくろの絵本の表紙を眺めているだけで、心がホッとあたたかくなる気がします。気になる絵本を手に取って、あたたかい部屋でゆっくり楽しんでみてください。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください