絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】メリー・クリスマス! そして年末へ。来年の主役、ねずみたちの過ごし方は?
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】メリー・クリスマス! そして年末へ。来年の主役、ねずみたちの過ごし方は?

12月23日~12月29日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

今週は、いよいよ待ちに待ったクリスマス♪ 皆さん準備は万端でしょうか? 今週は来年の主役となるねずみに注目して、前半はねずみたちが過ごすクリスマスの絵本をご紹介。後半は、なぜねずみが十二支の一番最初に選ばれたのか由来が分かるお話や十二支にまつわる楽しいお話をお届けします。ねずみたちに注目が集まる来年をちょっと先取りして、楽しんでみて下さいね。

12月23日 ねずみから見たクリスマスってどんな感じ?

月曜日は『ねずみさんちのはじめてのクリスマス』

ねずみさんちの はじめての クリスマス

出版社からの内容紹介

さむい冬の日のこと。父さんと母さんと17匹の子ねずみたちが、ゆか下のあたたかいへやに引越してきました。あるばん、父さんと母さんは、たくさんのひとたちが上の家にあつまって、歌ったり踊ったり、プレゼントをわたしたりと楽しそうにしているのを見て……? 
ねずみの家族の目線からクリスマスを描いた、かわいらしい絵本。プレゼントに最適の一冊!

 

12月24日 「クリスマスのまえのばん」をねずみバージョンで!

火曜日は『おとうさんねずみのクリスマスイブ』

おとうさんねずみのクリスマスイブ

出版社からの内容紹介

子ども達に大人気の「としょかんねずみ」シリーズ姉妹編。としょかんねずみのサムのおとうさんは、ある年のクリスマスイブにサンタクロースと出会いました。
日本でもよく知られたクリスマスの詩「クリスマスのまえのばん」(クレメント・ムーア)が、サム達のおはなしになりました。

12月25日 だれのツリーがいちばんステキ?

水曜日は『ねずみくんのクリスマス』

ねずみくんのクリスマス

みどころ

ねずみくんがうれしそうにモミの木を抱えてやってきましたよ。
「クリスマスツリーをつくって ねみちゃんをおどろかせるんだ」
だけど、あひるくんたら「ガーガー ガッハッハ~ ちいさい ちいさい」
ねずみくんがせっかく飾りつけたツリーを笑って、自分のツリーを自慢げに見せます。
「どうだい おおきいだろう」
ところが、今度はうさぎくんが「キュッキュッ キュッハッハ~ ちいさい ちいさい」
さらに、ぶたくん、くまくん、ぞうさんが自分のツリーを持ってきて、いばるんです。
あれれ、ツリーがおおきいからってそんなにいばらなくても・・・。

そこへ登場したねみちゃん。ねずみくんよりさらにミニサイズのツリーに、みんなは思いっきり大笑い。
「わー ちいさい ちいさい ちいさすぎだ~ パオッ ウオホッ ブフッ キュッ ガァハッ ワッハッハッハッハ」
でも、ねみちゃんは「ちょうどよかったわ うちへいらっしゃい」と、にっこり笑顔!?
なんだろう・・・と、おうちに行ったみんなは・・・ビックリ! 
なぜならちいさなツリーは、おおきな、あるものの飾りだったのです!(うわー、おいしそう!)

ねみちゃんを笑ったみんなは、消え入りそうな表情。お礼をしなくちゃと、考えたこととは・・・?
最後のどーんとおおきなしかけページをお楽しみに!

それぞれのツリーにつるされた、足のかたちの靴下がかわいい。
動物たちの笑い声も、読み聞かせで盛り上がりそうです。
すてきな見どころがギュッとつまった、ねずみくんシリーズ第19作目。
クリスマスらしい真っ赤な枠に、黄色いお星さまの色が愛らしい絵本。
ねずみくんとゆかいな仲間たちからのプレゼントですよ。メリー・クリスマス!

12月26日 なぜ、十二支の一番最初はねずみ年なの?

木曜日は『十二支のはじまり』

十二支のはじまり

みどころ

「正月の朝、御殿にくるように・・・。」神様のこんな話から始まるお馴染みのお話。動物達の順番がどの様に決められたのか、猫はどうして入っていないのか、などがわかりやすく丁寧に描かれています。絵の雰囲気も、文章もオーソドックスなタイプ。干支を覚える為に読んだり、お話会などで読むのにも最適ではないでしょうか。

12月27日 十二支の由来をとびきり楽しい絵で伝えます

金曜日は『十二支のおはなし』

十二支のおはなし

出版社からの内容紹介

お正月に神様のところへあいさつに行くことになった動物たち。ちゃっかりもののねずみは牛の背にのり、門の前で一足先にゴールイン。一番最初はねずみ年になった…。

12月28日 動物たちがつくと、おもちが増える?

土曜日は『十二支のおもちつき』

十二支のおもちつき

今年ももうすぐおしまいです。おじいさんとおばあさんは餅つきの準備をしています。そこにお腹を空かせたねずみが訪ねてきたので、おじいさんとおばあさんは、お米をわけてあげました。次の日の朝、ねずみが「お礼に、餅つきを手伝います」と一緒につれてきたのは……十二支たち。はじめて季節の行事に出あう子どもたちに、「お正月」「お餅つき」「干支」に親しみを感じてもらえるような絵本です。

12月29日 ねずみは正月飾りの役!

日曜日は『十二支のお節料理』

十二支のお節料理

出版社からの内容紹介

年の神様は、十二の動物たちを集めて、お節料理の準備を命じました。ひつじは下ごしらえ、さるは料理番、そして来年が干支のとりたちは…。日本のお正月えほんの定番です。『じゅげむ』(クレヨンハウス刊)の作家、川端誠さんが描いた、十二支とお節にまつわる物語。

いかがでしたか。

今週は華やかな前半と、一気に年末ムードに変わる1週間。寒さに負けず、風邪に負けずに、季節の行事を思いっきり楽しめますように。
 

(秋山朋恵 絵本ナビ)

 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください