スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   いたずらっ子はとまらない。

絵本ナビ編集長の気になる1冊

いたずらっ子はとまらない。

 

今日も、いたずらっ子が何かをたくらんでいる。
あの手、この手でパパやママを困らせる作戦を立てるのです。

 

いたずらっ子が大好きなのは…
「やりたいほうだい、しほうだい」
確かに、それは困る。
そんなことしてもらったら、どんな面倒が起こるかわからない。
でも、小さな子どもが思いつく「やりたいほうだい、しほうだい」ってなんだろう。

 

ひとの部屋に好きなおもちゃを思いっきりバラまくこと。
パパやママのベッドの上で思いっきり跳ね回ること。
部屋の中で水遊びをしちゃうこと。
手づかみで食事しちゃうこと(!)

 

こういうのって、自分の家で起こると天を仰いでしまうけど、他人のうちの子だったらひたすら可愛い。特にたくらんでいる瞬間を見かけちゃったりしたら。どうしてなんでしょうね…。

 

それは、思っていることが全部顔に出ちゃってるからかもしれません。
ちょっと悪そうな顔。
いたずらをしている時の嬉しそうな顔。
失敗したり、怒られた時の驚いた顔。
…それでもへこたれない時の、図太い顔。

 

そう。だから絵本の中のいたずらっ子は、最高にチャーミングなのです。
 

あっ、オオカミだ!

あっ、オオカミだ!

シモンというのは「やりたいほうだい」のうさぎの子。
困ったときには、こう叫ぶのです。

「あっ、オオカミだ!」

そのすきに「やりたいほうだい しほうだい」。
…本当にいけない子です。

部屋はシモンの好きなもので散らかし放題。
おしっこだって好きなところでしちゃう。
あれ、何か企んでそうな、でも愛嬌のあるこの表情、見覚えあるぞ。
うちの息子? いやいや(それもあるけど)。
…あの伝説の一言で爆発的な人気者になった『うんちっち』のシモンではありませんか。

うさぎたちの前で「オオカミだ!」なんて。胸がスカッとするほど悪いことしちゃってます。でもあんまり調子に乗っていると、強烈なしっぺ返しをもらいますよ。やれやれ、大人しい子になったのかな…?

子どもたちは、あっという間にシモンの味方になっちゃうようです。まるで共犯者のような表情!楽しそうです。怒られるってわかっていても、そのギリギリの緊張感が子どもたちにはたまらないようですね。困ったものです。
でも、このたくましさ。嫌いじゃありません。(本当は大好き!)

フランスのロングセラー、そして『うんちっち』の姉妹編。待望の再刊です。
どちらもみんなで読んで、大声で盛り上がってくださいね。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/88845/%E3%81%82%E3%81%A3%E3%80%81%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%81%A0%EF%BC%81/

この絵本を子どもと一緒に読んでいるなら、そっと隣の顔をのぞいてみてください。きっと同じように「たくらみの顔」をしているはず! ちょっと憧れの気持ちもあったりしてね。

そう考えると「いたずらっ子」って、みんなから愛される才能があるってこと? 確かに、そのまま大人になったような人を見ていると、うなずいてしまいます。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部