スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】新一年生のみなさまへ。初めてのひとり読みに名作を!
絵本ナビニュース2018

【news】新一年生のみなさまへ。初めてのひとり読みに名作を!

絵本から童話へ、読書のステップをつなぐ「ランドセル名作」シリーズ

文字を読めるようになってきたお子さんの、はじめてのひとり読みにぴったりの名作シリーズ「ランドセル名作」シリーズをご存知ですか?

一度は読んでおきたい民話や童話の中から、読みやすく、かつ読んでおもしろい名作が3話ずつ厳選して編集してあり、新一年生にぴったりなんです。
全ページ入るカラーイラスト、さらに短→中→長3段階のお話の長さで構成されているため、読み聞かせをしたり、おとなと一緒に読んだりしながら、少しずつひとり読みに慣れていくことができますよ。

ランドセル名作シリーズ、最新刊はこれ!

ランドセル名作 3つのごちそう /ヘンゼルとグレーテル きつねとつる ころころパン

とんちのきいた「きつねとつる」(イソップ寓話)、追いかけっこと動物の入れ替わりが楽しい「ころころパン」(ロシア民話)、勇気と機転で兄妹が助け合う「ヘンゼルとグレーテル」(グリム童話)の3話を収録。おいしいごちそうをテーマに、知恵・笑い・冒険が楽しめます。

ランドセル名作はここがすごい!お子さんが一人で読める工夫

オールカラーイラストに迷路♪ 楽しく読めるしかけ満載!

全頁に、人気作家描きおろしのイラストたっぷり!
絵本に近い作りだから、読み聞かせも楽しめ、さらに絵を楽しみながら、無理なく絵本からのステップアップできますね!文章も、読みやすいよう、大きな文字と短い文で構成されています。

 

さらにそれぞれのお話の最後には、お話にまつわる迷路つき。
少しずつ読むために断片的になりやすいひとり読みでも、遊びの中でお話全体をふり返ることができますよ!

3ステップで展開!「自分でよめた!」が自信になる

お話の長さが短→中→長と変化するので、「よめた!」という喜び・達成感を味わいながら、少しずつ物語に慣れていくことができますよ。
また、あとがきには、おうちの方へのアドバイスも。
いきなりひとりで読むのではなく、一緒に読んだり、おうちの方のあとに繰り返して読んだりして、それを今度は自分で読んでみるという流れを大切にしているんだとか。
読み聞かせでも、ふたりで読んでも、ひとりで読んでも楽しい「ランドセル名作」シリーズです。

ランドセル名作で、楽しい読み物デビューしてみてくださいね!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください