絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   楽しく作ろう!さつまいものおやつ☆『石垣もち』『いきなり団子』
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

楽しく作ろう!さつまいものおやつ☆『石垣もち』『いきなり団子』

冬が旬の“さつまいも”でおやつ作り!

さつまいもを使った九州のおやつをご紹介します 。
11月から 2 月頃が旬のさつまいもは食物繊維が豊富で、腹持ちが良く、おなかの調子を整える手助けをしてくれます。

作る前に、まずはお子さんに聞いてみてください。
「さつまいもって何色?」
さあ、どんな答えが返ってきましたか?

 

私には三人の子どもがいますが、三人とも違う答えが返ってきました。
「むらさき! 」「 ちゃいろ !」「 中はきいろ !」
どれも大正解!同じ「さつまいも」なのに、面白いですよね。

 

「分からない」と答えるお子さん もいるかもしれません。
答えられることが目的ではないので
「じゃあ何色なのか一緒に見てみようね」
と楽しみを作る声掛けをしてあげてください。

 

「何の形に見える? 」
「色はどう? 重さは? 」
象に見えたり、モグラ見えたり。 
所々出ているヒゲや、傷が気になる子もいるかもしれません。 お子さんの想像力が膨らみます。

 

こんな風に、子どもたちが楽しい気持ちで食べ物に関わるきっかけを作ることから食育は始まります 。

さあいよいよ、私が住んでいる九州の郷土料理 、さつまいものおやつをご紹介します。

【レシピ】石垣もち(大分県 )

大分県全域に伝わる「石垣もち」は、ごつごつしたさつまいもが石垣に見えることからその名前が付いたとされています。材料を混ぜるだけ!
「石垣って何だろう?」コミュニケーションのきっかけにもなりますね。

材料(8個分)

  • さつまいも・・・200g程度
  • 砂糖・・・25g  
  • 小麦粉(中力粉) ・・・170g
  • ベーキングパウダー・・・3g
  • 塩・・・4g
  • 水・・・50㏄くらい(様子を見ながら)

下準備

  • さつまいもは皮を剥き5㎜程度の角切りにし、水にさらしてアク抜きする。アクが抜けたら水をきる。
  • 水に塩を混ぜ塩水にする。
  • 蒸し器を準備して湯を沸かす。(火傷に注意)

作り方

  1. ボウルに水を切ったさつまいもを入れ、全体に砂糖をまぶす。さつまいもから水分が出てくるまで少しおく。
  2. ボウルに ★ を入れ混ぜ、塩水を少しずつ加えながらよくこねる。
  3. が一かたまりになったら8つに分け、丸める。
  4. クッキングシートを敷いた蒸し器に並べて20分程度蒸す。さつまいもに火が通ったら完成。

【レシピ】いきなり団子(熊本県)

熊本県に伝わる、輪切りのさつまいもを使ったおやつです。一説によるといきなりの(急な)来客にもいきなり(さっと)出せるからこの名前が付いたと言われています。
 

材料(6個分)

  • さつまいも・・・約80g(直径3㎝程の輪切り6切分)
  • あんこ・・・100g 
  • 白玉粉 ・・・50g
  • 薄力粉・・・45g
  • 塩…小さじ1/2
  • 水・・・75㏄(様子を見ながら)

下準備

  • さつまいもは5㎜程度の厚さの輪切りにし、水にさらしてアクを抜く。アクが抜けたらざるにあげ水をきる。
  • あんこは6等分に分ける。
  • 蒸し器を準備し沸騰させる。(火傷に注意)

作り方

  1. さつまいもの上にあんこを乗せる。
  1. ボウルに ★ を入れ、水を少しずつ加えて耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねる。一塊になったら6つに分ける。
  2. を平らにしてしてを包む。(あんこを下にしてさつまいも側で閉じるとあんこがはみ出しにくいです)
  3. クッキングシートを敷いた蒸し器に入れ、20分程度蒸す。さつまいもに竹串が通ったらできあがり。
     

★お手伝いPoint!

  • どちらのおやつも素手を使います。材料を混ぜるとき、水を入れた後、こねてからと、生地の変化を観察でき、感触を直に味わうことができます。
  • 丸めたり、生地で包んだりする作業は指先をたくさん使います。不格好でも、包んでしまえずに中身がはみ出ていても大丈夫!「自分でできた!」の気持ちがこどもの自己肯定感をUPさせてくれます。「すごいね!」「できたね!」とたくさん褒めてあげてくださいね!
  • 蒸気はとても熱いので、蒸し器に入れるのは大人がしてあげてください。お芋をふかす匂いや湯気が上がる様子は、こどもたちの五感を刺激するポイントなので、是非呼び寄せて、蒸気に気を付けつつ、見せてあげてくださいさね。

みなさんの地域にも、さつまいもを使った郷土料理があれば、ぜひ、お子さんとの食育のきっかけにしてみてくださいね。

今回教えてくれたのは…

もとむろあさみ さん

 

日本キッズ食育協会所属 キッズ食育トレーナー。
大分県大分市で、薪ストーブ会社を営む夫と8歳長女、5歳二女、4歳長男の5人家族。こどもの好き嫌いをきっかけに、キッズ食育について学ぶ。キッズ食育スクール青空キッチン明治明野校の開校主宰、コープおおいた(https://www.oita.coop/)等企業でのママとこども向け食育企画・アドバイザー、コラム執筆など行う。

 

FM大分「ままともラジオ」(https://www.mama-no-mama.jp/radio/ 毎週金曜日 16:00~16:25OA)企画運営&パーソナリティー
ママのままプロジェクト(https://mama-no-mama.jp/)ママアンバサダー

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください