絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   【火を使わない◎簡単レシピ】新じゃがで『いももち』を作ろう!
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

【火を使わない◎簡単レシピ】新じゃがで『いももち』を作ろう!

いつものじゃがいもと違うを発見! 春の新じゃがいも、火を使わない簡単レシピ

ぽかぽか陽気に誘われて、お散歩したくなる春。いろんな春野菜が畑や、スーパーに出回ります。

一緒にスーパーに行き、見て回るだけでも食育になりますよ!

もう少し、色々体験してみたい、と思う方は、おうちで春野菜を使って、トースターだけで簡単に作ることができるおやつを紹介します。
春野菜の中でも、今回は「新じゃが」を紹介します。一年中出回る「じゃがいも」と、どこが違うのか、ぜひ子ども達と観察して、触って、春を一緒に感じましょう。

「新じゃがいも」とは

北海道から九州まで生産されるじゃがいも。春先から夏場に収穫されるのが「新じゃがいも」です。

 

新じゃがいもは、皮が薄く水分の量が多く、軟らかい、香りがよいなどの特徴があります

皮の近くに栄養を多く含むので、小さめのものは、そのまま食べられ、皮をむかず調理するレシピもおすすめです。皮が気になる方は、大きめの新じゃがいもを使って、皮をむいてください。


じゃがいもは、皮をむくと、白いアクが出てくるため、じゃがいもを使う料理のレシピでは、下ごしらえとして水にさらすことがよくあります。水にさらすと、変色防止(色止め)、アク抜き、焦げ防止、くっつきにくくする、触感がカリッとする、5つです。方法は、切ったじゃがいもをたっぷりの水に浸し、5分ほど置くだけです


ただし、さらし過ぎると、でビタミンCが流れ出たり、でんぷんが抜けて風味やホクホク感が失われるので、作る料理によっては、さらさない方がよいものもあります。


今回は、切って、加熱して、潰して、混ぜて、焼いて、完成!の簡単おやつです。

【レシピ】いももち

材料(2人分)

  • 新じゃがいも皮つき・・・小3個(200g)

【A】

  • バター・・・10g
  • 米粉・・・大さじ1
  • 桜エビ・・・小さじ1
  • 青のり・・・小さじ1
  • 無調整豆乳(牛乳)・・・大さじ1

 

* 桜エビ・青のりは、なかなかおうちにはないかもしれませんが、入れると普段とりにくい、ミネラルやカルシウムがとれます。
スーパーで1袋、どちらも100円強で買えるので、新じゃがいもと一緒に購入してみてくださいね。

 

作り方

  1. 新じゃがいもをボウルにたっぷりの水を張った中に入れ、皮を優しく手で洗う。
    ※ 皮が薄く柔らかいので、強くこすり洗いをしてしまうと栄養が出ていきます。
        泥が気になる時は、きれいなタワシやスポンジを使って流水で洗いましょう。
  2. じゃがいもを耐熱容器にのせ、ふんわりラップをかけ600wで5分加熱する。
  3. ビニール袋に入れてつぶす。少し冷めたらつぶれたかさわってみる。
  4. 【A】を順番に入れよく混ぜ、ビニールの端を切り、絞り出す。
  5. トースターで2~3分焼き色をつける。

 

☆アレンジ☆
粉チーズ、ごま、かつお節などを入れても美味しくいただけます。

★お手伝いPoint!

  • つぶしたり絞り出したり、子どものワクワクタイムに!
    つぶす時に、途中で飽きてしまったら、「じゃあ、あと30回もみもみしようか!」
    と提案してみてください。小さい子の場合は、一緒に声をだして、30まで数えてみてください。ノリノリでつぶしてくれますよ。
  • 食材を知ろう!
    じゃがいもの中に入れる具を、材料名を言いながら入れてもらうと、知らない食材にも興味を持ってくれやすいです。
  • 混ざっていく様子を見て楽しもう。
    「美味しそうだね、どんな味がするかな?味見してみる?」など会話してみてくださいね。

今回教えてくれたのは…

中井 忍(なかい しのぶ)さん

 

キッズ食育トレーナー、管理栄養士
山口県下関市在住。現在12才・9才の母。
病院栄養士として働くも、家族が健康になる食事に視点を変え、未就園児とママの親子クッキングを開催するように。食を通したコミュニケーションの重要性を改めて感じ、自分で選ぶ、食べて元気、をテーマに食育教室を行う。
2019年 食育の会ガーベラ立ち上げ
2020年3月「青空キッチン山口下関スクール」開校
  ↓新規生徒さん募集中! 体験レッスンはブログをご覧ください。

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください