絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   朝食にもぴったり!【新玉ねぎのオープンオムレツ】で、春野菜を感じよう
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

朝食にもぴったり!【新玉ねぎのオープンオムレツ】で、春野菜を感じよう

休日の朝食にもオススメ!オムレツのレシピ

春の時期に登場する「新玉ねぎ」。

みずみずしく、柔らかく、なんといっても生で食べやすい甘さが特徴です。

 

けれども、生のサラダにすると、子どもにとってはちょっと辛みが残って食べにくいかもしれません。

今日はそんな新玉ねぎを使って、お子さんがさらに食べやすくなるようなレシピをご紹介します。

「新玉ねぎ」と「普通の玉ねぎ」を観察しよう!

新玉ねぎと、普通の玉ねぎは何が違うのでしょう?

実は品種は同じで、収穫後に保存性を高めるために乾燥させているかどうかの違いです。

乾燥させるため、見た目の皮も茶色くなり、水分が飛ぶため触った感触もかたいですよね。

ぜひ、新玉ねぎと普通の玉ねぎを並べて、お子さんと比べっこしてみてくださいね。どんな発見があるでしょうか。

新玉ねぎの栄養は…

新玉ねぎには、普通の玉ねぎと同じくビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などの栄養があります。

それに加え、玉ねぎを切った時の目が痛くなる正体の「硫化アリル」は、血液サラサラの効果が期待できるといわれています。

硫化アリルは、水溶性であり、熱に弱いため、新玉ねぎは、加熱して食べることの多い普通の玉ねぎよりも効率よく摂取できるといわれていますよ。

ぜひ、サラダにするときには水にさらさず、そのまま召し上がってみてくださいね。

【レシピ】新玉ねぎのオープンオムレツ

【材料】20㎝フライパン1つ分(4人分)

  • 卵・・・4個
  • 新玉ねぎ・・・1/4個
  • 赤パプリカ・・・1/2個
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 粉チーズ・・・小さじ2
  • バター・・・10g
  • ケチャップ・・・お好みで

作り方

  1. 新玉ねぎ、赤パプリカは粗いみじん切りにする。
  2. 卵をボウルに割り入れ、牛乳、粉チーズを加えかき混ぜる。
  3. の新玉ねぎ・パプリカを入れ混ぜる。
  4. フライパンを中火にかけ、バターを溶かしてを加える。
  5. 空気が入るように菜箸で大きくかき混ぜながら、半熟になったら蓋をして弱火~中火で3分蒸し焼きにする。
  6. ひっくり返し、蓋をしてさらに2分加熱する。
    ※ひっくり返す時には、フライパンより少し大きめの皿に一度とり出し、滑らせるようにフライパンに戻すと崩れにくいですよ。
  7. 皿に盛り、お好みでケチャップをかける。

★お手伝いPoint!

ポイント1.新玉ねぎの皮をむいてみよう!

新玉ねぎの皮は、柔らかく、小さなお子さんでも剥きやすいです。辛み成分も少ないので、目が痛くなることも少ないのでお勧めです。

ポイント2.卵を割る

ぜひ、卵を割る作業をお願いしてみてください。

「どんなところに当てるとひびが入りやすいのかな?」

「平らなところがいいかな?」

「コップの端みたいなところがいいかな?」

「手の力加減はどのくらいがいいのかなぁ?」

などお子さんと一緒に実験しながら楽しんでみてくださいね。

 

もし殻が入ってしまったら、「殻取りゲーム」に挑戦です。

失敗も楽しみに変えて、お子さんの「出来た!」を増やしてあげてくださいね。小さいお子さんにとって、目指した容器に入れることも難しいことです。チャレンジ出来たことを褒めてあげることが、次のやる気にもつながります

ポイント3.カウントダウンでワクワクを!

ひっくり返す作業も、お子さんは興味津々です。

けれども、やけどの危険もありますので、ぜひお母さんがやってみてくださいね。

その時には、お子さんとカウントダウンしながらフライパンをひっくり返してみてください。

数字を数える練習にもなりますし、子どもにとって今か今かと待つのはとってもワクワクドキドキの瞬間です。

うまくいったら、「ママすごーい!だいせいこうだね!!」なんてお子さんが言ってくれるかもしれません。子どもに褒められたらママも嬉しいですよね。

卵と野菜を使ったオープンオムレツは朝食にもピッタリ。

少し時間のある休日などに、ぜひお子さんと作ってみてくださいね。

今回教えてくれたのは…

石井千賀子(いしいちかこ)さん

 

薬剤師/キッズ食育トレーナー/青空キッチン大田区久が原校主宰

東京都大田区在住。2児(6歳、4歳)の母。

出産後、薬剤師として医療に携わる中で、子どもたちの心身の不調が増えていることに気づく。また、自身の子どもの喘息・アトピー性皮膚炎など、子どもの健康に不安を感じることが増えた。どうしてなのかと考え着いた先は、体を作る土台となる「食」。たくさんのことに興味関心をもつ幼児期に「食選力」を身につけ、自分の身体、そして将来、大事な人の身体も大切にできる大人になってほしい。その想いで、青空キッチン、食育イベントを大田区を中心に開催している。

    •  

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください