絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   色も形も楽しもう!子どもと作る夏野菜のテリーヌ♪
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

色も形も楽しもう!子どもと作る夏野菜のテリーヌ♪

カラフルな夏野菜、切ったら何に見えるかな?

オクラは可愛い星形に、ヤングコーンはまるでお花のようで、子ども達の心をくすぐる夏野菜。そんな形や色を生かして、暑い夏にもぴったりの冷たくて可愛いレシピのご紹介です。

オクラのネバネバが、おなかをピカピカに

オクラには食物繊維が豊富で、腸内をきれいにする役割があると言われています。腸内環境を整えると美肌にも繋がる、なんて話もよく耳にしますね。

 

「オクラのネバネバが、おなかをピカピカにしてくれて、そしたらお肌もツルツルになるんだって!」なんて子どもの興味を引くような言葉を交えながら、野菜を食べる大切さを伝えるのもおすすめですよ。

【レシピ】色も形も楽しもう!子どもと作る簡単テリーヌ

材料(※作りやすい分量)

  • オクラ・・・3本
  • ヤングコーン・・・2本
  • アボカド・・・1/2個
  • ミニトマト・・・5個

(A)

  • 白だし・・・大さじ1~1.5
  • 水・・・250ml
  • 粉ゼラチン・・・5g

           

作り方

  1.  オクラとヤングコーンは軽く茹でてから薄く切る。ミニトマトは半分に切る。
  1.  鍋に(A)を入れ煮立たせ、火を止める。粉ゼラチンを入れよく混ぜ、荒熱をとる。
  1. &好きな器にを入れ、を流し入れる。

※バットや小皿、ゼリーやたこ焼きの型など、どんなものでもOK。
(バットを使う時は、ラップを敷くと取り出しやすいですよ。)

  1. 冷蔵庫で3時間以上冷やす。逆さにして取り出し、大きければ好みの幅に切る。

★お手伝いPoint!

  • オクラを洗ってみよう!
    よく見ると、チクチクのヒゲ生えていることにも気づけるかな?
  • トマトのヘタをとろう!
    大人が簡単な作業でも、子ども達にとっては大仕事。しっかり褒めてくださいね!
  • 野菜を容器に入れてみよう
    「たくさん入れるとカラフルで可愛いよ」と伝えると、苦手な野菜にもチャレンジできるかも!
  • 固まったかな?触って確認してみよう
    完成を確認するのも立派なお手伝い。ゼラチンの変化も一緒に楽しみましょう!

★お手伝いを頑張る子ども達へ。

「すごいね!」「ありがとう!」とがんばりを認める声掛けもご一緒に!

何気ない会話から、野菜をもっと好きになれる!

野菜をもっと美味しくするには、味付けや調理方法の工夫ももちろんですが、ママと会話を楽しむことも、とても大切で効果的な方法の一つです。

 

例えば、家にある野菜の切り口も「何に見える?」と子ども達にぜひ聞いてみてください。

「顔に見える!」「ハートみたいだよ!」なんて、子ども視点ならではのユニークな答えが返ってきたら大チャンス。そこから広がるママとの会話が楽しい気持ちに繋がり、苦手な野菜だってプラスの印象に変わり、好きになれちゃうかもしれませんよ。

 

ポイントは、子ども達の想像する世界を一緒に共有すること。

「ほんとだね!」「可愛いね!」と、ママも一緒に驚いて、喜んで、目を見て笑いあってみて下さいね!

 

 

こんな風に何気ない会話からも、子ども達の好きな野菜をどんどん増やしていきたいですね!

今回教えてくれたのは…

石動敬子(いしないけいこ)さん

 

キッズ食育マスタートレーナー

青空キッチン大分坂ノ市/大分駅前スクール主宰

 

大分県在住。2児(3歳、7歳)の母。
「夜ご飯はお菓子が食べたい!」という娘の一言がきっかけで、これから自分の意思で食を選び始める子ども達に、楽しみながら食の大切さを知ってほしいと考える。
子どもの食育スクール「青空キッチン」ではみんなが笑顔で楽しく食と関われるレッスンを日々心がけている。
また、大分県を中心に食育イベントなども開催し、子どもに特化した食育活動を行う。

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください