スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   あなたも読みたくなる…!レビューコンテスト受賞者大推薦の絵本!   >   【受賞レビュー3選】ママが癒された、人にすすめたくなる赤ちゃん絵本 
あなたも読みたくなる…!レビューコンテスト受賞者大推薦の絵本!

【受賞レビュー3選】ママが癒された、人にすすめたくなる赤ちゃん絵本 

可愛くてしかたがない、赤ちゃん絵本3選

赤ちゃんのために作られた赤ちゃん絵本。

優しくてフワフワとしたやわらかい色や、赤ちゃんが喜ぶはっきりとした色。小さなサイズでフォルムがまあるいものもあります。赤ちゃんのために選んだのに、一緒に読んでいるママが癒されてしまったという、レビューもたくさんいただきます。受賞レビューとともに、可愛い、ママが癒されてしまった絵本を3冊ご紹介します。

赤ちゃんに思わず「だいすき!ちゅー」としたくなる癒しの絵本

https://www.ehonnavi.net/reviewcontest/reviewcontest.asp?uid=9K4NB レビューコンテスト対象作品「だいすき!」から

【受賞レビュー】『だいすき!』から

触れ合いあそびのきっかけに  


絵もとても可愛いのですが、内容もとっても可愛らしく言葉を覚えていく赤ちゃんに繰り返し読んであげたくなるような絵本です。読んでいると思わず動物さんたちの真似をしてくっついてあそびたくなってしまいます。どう遊んだらいいかわからないお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんにもオススメしたいです。

 

★ハチ★さん 20代 せんせい 静岡県 

「いま どんなきもち? どんなかんじ?」赤ちゃんに話したくなる絵本

いきいきとした赤ちゃんの感情が表現されている可愛い絵本。思わず、赤ちゃんに「いま どんなきもち?」と話しかけながら、ページをめくりたくなる素敵な絵本です。

https://www.ehonnavi.net/reviewcontest/reviewcontest.asp?uid=J4P9H レビューコンテスト対象作品『FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん』から

【受賞レビュー】『FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん』から

反省しました。  


可愛いイラストと短い文章,その中にもたっぷり「きもち」を感じることのできる絵本でした。
小さなお子さん向けの絵本なのかも知れませんが,親である大人の私が読んでも,ハッとさせられ,そして癒されました。気忙しい気持ちで一時一時を味わうことなく日々いたことを,この絵本を読んで反省しました。ありふれた毎日の中にも,その時々で色々な「きもち」になり色々な「かんじ」なのですものね。そんな自分の感情を見過ごしていました。。。
「あったかいね」「うれしいね」「さむいね」「おいしそうね」「きれいね」,ちゃんと感じながら味わいながら日々過ごしたいなと,そんなふうに思わせてくれる絵本でした。もう少し自分の気持ちを見つめて素直に受け止めてみよう~。日々の感情を子供と共感し合ってみよう~。この絵本のぞうの親子のように☆もったいないですものね!

 

まゆみんみんさん 30代 ママ 兵庫県 女の子5歳

赤ちゃんのようなしぐさに思わずにっこり笑みがこぼれる絵本

作者のデイヴィッド・ウォーカーさんが描く可愛いくまちゃんたちが大活躍する赤ちゃん絵本です。ヨチヨチ歩きの赤ちゃんみたいなくまちゃん。くまちゃんたちはみんな仲良しで優しくて、読んでいるママがあたたかい気持ちになるそんな絵本です。

https://www.ehonnavi.net/reviewcontest/reviewcontest.asp?uid=GJ935 レビューコンテスト対象作品『おんがくたいくまちゃん』から

【受賞レビュー】『おんがくたいくまちゃん』から

表情豊かです  


かわいいくまちゃん4ひき。椅子においてある楽器。それをみて、どんな楽器かな、だれがどの楽器をつかうのかな、とわくわくしてしまいますね。それにしても表情豊かなくまちゃんたちがかわいい。好き勝手して音を鳴らすのも楽しいけれど、やっぱりあわせたほうがいいね。

 

もぐもぐもぐもぐさん 30代 ママ 島根県 男の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

いかがでしたか。

どの絵本も可愛くて困っちゃう。可愛い赤ちゃん絵本を赤ちゃんにたくさん読んで、ママもすっかり優しい気持ちに。いろいろな赤ちゃん絵本があるけれど、人におすすめしたくなる絵本ばかりをご紹介しました。どうぞ、赤ちゃんと素敵な時間をお過ごしくださいね。

絵本ナビではレビューコンテストにてレビューを絶賛募集中です!レビューを投稿してみましょう。自分の感想を自分の言葉で表現する楽しさを実感できるチャンス。気軽に投稿してみてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください