絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビテーマ別絵本ランキング   >   「かず・さんすうの絵本」人気ランキング1位~10位
絵本ナビテーマ別絵本ランキング

「かず・さんすうの絵本」人気ランキング1位~10位

「かず・さんすうの絵本」絵本ナビで売れている人気絵本10選

学校で苦手意識を持つ前に、数や算数の面白さを実感できるのが、絵本の世界の素晴らしいところ。可愛い動物や大好きな乗り物を覚えたての数字で数えてみる。歌のように楽しく唱える「1,2,3,4...」は子どもたちとっては、魔法の言葉ですよね。そんな小さな子どもたちが楽しく触れ合える絵本はたくさんあります。

「かず・さんすうの絵本」が登場する絵本には、

 

・数字を覚えて数えることの楽しさに触れあえる絵本

・数字を使って、「たくさん」「少ない」など「かず」の概念を学べる絵本

・さらに一歩進んで、物語や日常の中で算数の考え方や理念を教えてくれる絵本

 

など、いろいろな絵本があります。ここでは、絵本ナビが独自に集計した、テーマ「かず・さんすうの絵本」の人気ランキング10位から1位まで発表します!算数が苦手な大人にもためになる、子どもに教えるためのヒントも「かず・さんすうの絵本」から学ぶことができますよ。是非、数字の世界の楽しさを親子で発見してくださいね。

10位 『かぞえてみよう』(白泉社)

はじめて数字の文字を覚えるとき、どうやって覚えますか?

鉛筆を握って文字を書ける年齢になるまえに、数字の形を見て覚えるなら、大好きな動物に教えてもらうのが一番!可愛らしいカラフルな色使いに、数字にピッタリとはまった動物たち。楽しく数字の形と読み方に触れられます。

文字を書く前に数を覚えたい小さな子におすすめの絵本

かぞえてみよう

親子であそびながら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!
ぺんぎんさん、あしかくん、…どうぶつたちをかぞえていくと、あれれ、数字がみえてくる!
圧巻なのは、∞(無限大)に伸び~る!?ラストのページ。いろんなどうぶつがいっぱいで、まるでどうぶつ図鑑♪ぜんぶで何種類、何匹のどうぶつがいるか、かぞえてみてね。
数字がたのしくなる、「かず」の新定番えほん誕生です!

9位 『1から100までのえほん』(戸田デザイン研究室)

覚えたての数を数えるのにはまっている子におすすめしたいこの絵本。1から100まで可愛いイラストと一緒に数えてみましょう!目で見て数を確認できるから、とてもイメージしやすく、気づくと100まで覚えてしまうかも?!

1から100まで楽しく数を数えられる絵本

1から100までのえほん

子どもたちは自分で実際に数を数えることで、数字を体験し実感していきます。けれど、ただ黙々と数を数えるなんて、ちょっと退屈です。この絵本は、楽しさに夢中になっているうちに、いつの間にか100まで数えてしまうのが特徴です。

5匹のコアラたちが海や山で大はしゃぎ!ヘリコプターに救助されたり、病院に入院したり、わんぱくな冒険を繰り広げます。そのたび、いろいろなかわいい動物たちが登場します。10機のヘリコプター、30匹のあおむしくん、60匹のネズミさん。お話しが進むにつれ、段々と数える数も大きくなっていく絶妙な構成。最後はなんと!100まで数えることができるのです!

子どもたちが思わず声をだして笑ってしまうような、愉快なストーリー。色鮮やかで美しいイラスト。数字でもことばでも、なにかを学ぶとき「楽しい!」「わー、キレイ!」と子どもたちが自分の心を動かすこと。それは知識を身につけるうえで、最も大切なことだと戸田デザイン研究室は考えています。

どうぞお母さん、お父さんと一緒に、このとびきり愉快でかわいい動物たちと、楽しく数に親しんでください。

8位 『かずあそび ウラパン・オコサ』(童心社)

一風変わった「かず」の絵本がこちら。1と2だけで数を数えていきます。

ちょっと聞きなれない「なぞなぞ」のような言葉も子どもたちにはワクワク。数の概念を感覚的に感じることができる不思議な絵本です。

1はウラパン、2はオコサ?暗号みたいなふしぎな絵本

かずあそび ウラパン・オコサ

1はウラパン、2はオコサ…。1と2だけでたのしく遊べる、ちょっとふしぎな「かず遊び絵本」。

7位 『王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし』(徳間書店)

実は、算数はお勉強の時だけではなく、日常生活のあらゆるところに使われているのだと改めて気づかされる絵本です。たくさんの人とケーキを分ける時、どうやって切り分けますか?半分の半分など算数の面白さをわかりやすく楽しく学べる絵本です。

ケーキを使って算数を考える絵本

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし

アリは、王さまライオンのしょくじ会にまねかれました。
しょくじがおわり、王さまライオンは、デザートのケーキを「自分のぶんをとってまわしなさい」と、となりのゾウにわたしました。
ゾウは、ケーキをはんぶんに切って、残りのはんぶんをとなりにまわしました。
ほかの動物たちもみな、同じようにしたので、アリのところにまわってきたときには…? 
はんぶんのはんぶん、ばいのばいがよーくわかる、算数が楽しくなる絵本。

6位 『おまたせクッキー』(偕成社)

算数のことを考えるのに、子どもたちが大好きで関心のある食べ物を分ける話は一番わかりやすいのかもしれません。もともとあるものを今いる人数でわけてみると、一人何枚ずつ食べられるはずだったのが、どんどんお友だちがやってきて、枚数が減っていく。小さなお子さんから小学校低学年くらいの子どもも楽しめる絵本です。絵本を読んだら、実際のおやつの時間に試してみると、より実感が持てて楽しめるかも。

どんどん減ってくクッキー、一体何枚食べれるの?

おまたせクッキー

お母さんの焼いたクッキーを食べようとすると、ピン・ポーン!玄関のベルが鳴るたびに友だちが増えていきます。

5位 『365まいにちペンギン』(ブロンズ新社)

毎日届く謎のペンギン。どんどん増えていくペンギンの数。それだけでもなんだか不思議で楽しいのに、そのペンギンたちをいろんな算数の考え方で数えたり、整理したりしようとする絵本の登場人物たち。楽しいだけじゃない、知らないうちに面白い数の世界、算数の魅力的な冒険へと連れだしてくれます。「算数」という固定概念に縛られず、絵本の物語の中で体感できる数字の面白さに子どもたちをはじめ、大人も夢中になるはず。

楽しく算数のいろいろな考え方に触れられる絵本

365まいにちペンギン

ピンポーン! とチャイムがなって
届いたのは、なんと……ペンギン!
謎の人物から、まいにち一羽ずつ届く
ペンギンたち。
このままでは家中、ペンギンだらけ!
一体ぜんたい、どうすりゃいいの!?

4位 『かぞえておぼえる かずのえほん』(鈴木出版)

家の中にある身近なものの数を数えていきます。すぐにおうちの中でも実践できそうな楽しい絵本です。数を数えるのが楽しくてしかたない幼児にもピッタリ。

数を数えるのがとまらない!実生活で試せる絵本

かぞえておぼえる かずのえほん

ひろくんの家には、テレビが一台、フライパンがふたつ…。画面の中のさまざまなものを実際にかぞえて、1~100までの数字をしっかり覚えます。数字の練習ページ付き。

3位 『はじめてであうすうがくの絵本1』(福音館書店)

絵本作家・安野光雅さんのロングセラーです。

堅苦しくなく、親子で楽しく数字の世界を探求できます。「すうがく」の中に登場するいろいろな考え方に自然と触れられるので、絵本が大好きなお子さんにおすすめしたい絵本です。大人も一緒に楽しめます。単純に答えを覚えるのではなく、答えを探す楽しさを味わえる絵本です。

 

世代を超えて語りつがれる「すうがく」の絵本

はじめてであうすうがくの絵本1

発見の喜び、創造の楽しさに満ちた数学の本と、すでに定評のあった作品を再編集し、新しい体裁でおとどけします。第1巻《なかまはずれ》《ふしぎなのり》《じゅんばん》《せいくらべ》

2位 『1、2、3どうぶつえんへ』(偕成社)

絵本の中には文字が登場しません。絵と数字のみで物語が展開していきます。

絵をひも解きながら、たくさんの親子の会話がはずむ楽しい絵本です。小さなお子さんにおすすめです。

どんな物語が待っている?数を数えながら楽しめる絵本

1、2、3どうぶつえんへ

子どもの好きな動物達が、汽車で動物園へ行くというストーリーの数の絵本。

1位 『1つぶのおこめ』(光村教育図書)

1位は、『1つぶのおこめ』。

絵本ナビプラチナブックスの人気絵本です。インドの昔話から、算数の面白さ、楽しさを学べます。1つぶのおこめから驚く展開に。悪い王様を算数でぎゃふんと言わせる女の子のかっこいいこと。いろいろな面白さがつまった知的好奇心をくすぐる楽しい絵本です。

大人が驚く結末に絶対後悔をさせない素晴らしい絵本

1つぶのおこめ

けちな王様をこらしめよう! 算数のひらめきで村を救った女の子のお話。
1つぶ、2つぶ、4つぶ、8つぶ……。30日目には、何つぶ? 
インドの昔話を細密画風に描いた楽しい絵本。左右に広がる大パノラマのイラストは、圧巻!

いかがでしたか。

「かず・さんすうの絵本」と考えると数字や数え方を覚えるお勉強絵本のようなイメージもありますが、こんなに楽しくて愉快な絵本がたくさんあることに驚かれた方も多いかも!是非、大好きになるきっかけを作ってくれるピッタリの1冊をみなさんも見つけてくださいね。

富田直美(絵本ナビ編集部)

米ペンシルベニア州フィラデルフィアで20代を過ごす。現地の大学で経営学を専攻、就職。帰国後は映画のタイアップや、家庭用ゲームの映像制作に関わる。その後、エンターテイメントの分野で外資系ライセンスビジネスに従事。絵本好きが高じて2012年から絵本ナビに入社。これまでの経験を生かし、ユニークな視点で大人も子どもも楽しめる絵本や洋書の魅力を紹介。2歳児のママ。

【連載】「絵本をもって旅に出よう」を絵本ナビスタイルで執筆中。https://style.ehonnavi.net/post-series/25324

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください