スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】ハロウィンの由来を教えて!ハロウィンの絵本
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】ハロウィンの由来を教えて!ハロウィンの絵本

10月29日~11月4日の絵本「今日の1冊」をご紹介

すっかりハロウィンが定着してきた?日本。

毎週末ここかしこでお菓子を手にした仮装姿の子どもたちを見かけます。都心では若者たちが仮装してお祭り騒ぎになっていたりと、すっかり日本でも季節の行事として認知されているみたい。でも、ただ、ただ仮装して大騒ぎしているだけのようにも見える日本のハロウィン。みなさん、本当のハロウィンとはどんなものなのか由来を説明することができますか。今週は、ハロウィンをもっと楽しむために、ハロウィン行事についてわかりやすく教えてくれる絵本をご紹介します!この機会に本場のハロウィンのことも詳しくなって、親子でハロウィンの特別な思い出を作ってくださいね。

10月29日 家族にとっても大事なイベント!

月曜日は『アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作)』

アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作)

ハロウィーンと家族がテーマの絵童話でありながら、日本が輸入したハロウィーン文化の本場、アメリカでのハロウィーンの楽しまれ方が描かれた科学の本としても楽しむことができる1冊です。外国から引っ越してきたアメリカのことを知らないご婦人に向かって、小さな怪物たちが「お菓子をくれないと、いたずらするぞ!」と叫ぶところからおはなしは始まります。子どもの頃に楽しむハロウィーンの魅力が鮮やかに伝わる作品です。

10月30日  仮装した動物たちがとびだす!?

火曜日は『どうぶつえんのハロウィン』

どうぶつえんのハロウィン

ハロウィンの夜。どうぶつえんの動物たちは仮装の準備をしています。がいこつのゾウやミイラ男のトラなど、かわいらしい仮装をした動物たちがとびだします!

10月31日 トリック・オア・トリート!!

水曜日は『おかしな?ハロウィン』

おかしな?ハロウィン

きょうは ハロウィン。こどもたちは おばけに へんそうして、おかしを もらいにいきます。とんとんとん! おばあさんのいえに やってきたこどもたちは、かわったおかしを いっぱい もらいます。コウモリクッキー、おおかみのふんチョコ……、さて、この おばあさんの 正体は……!?

11月1日 日本人の男の子の目を通したハロウィン

木曜日は『きょうはハロウィン』

きょうはハロウィン

ハロウィンの夜。ケンちゃんは隣の家に住むピートに誘われて、近所の家を回ることになりました。おばけや魔女の格好をして「トリック・オア・トリート!」と言いながら、家々でお菓子をもらうのです。初めての経験に、ケンちゃんはドキドキしたりワクワクしたり。やがて町外れの古びた家の前にやってきました。もしかして、本物の魔女の屋敷でしょうか……? 日本人の男の子の目を通して、アメリカのハロウィンの雰囲気を伝えます。
2013年10月1日月刊「こどものとも」発行。

11月2日 そういえばハロウィンってなんだっけ?

金曜日『ハロウィーンって なぁに?』

ハロウィーンって なぁに?

日本ではじめてのハロウィーン絵本。
ちびっこ魔女のビビといっしょに、ハロウィーンのすべてを楽しみましょう。
「ハロウィーンってなぁに?」という知りたがりやの子どもたちと、
ハロウィーンを楽しみたい大人のための、
かわいくて、楽しくて、わかりやすい1冊です。
物語を読みすすむうちに、ハロウィーンの由来がわかり、
かぼちゃのランタンやかぼちゃのタルト、
かぼちゃのリバンベルの作り方までわかります。
さらに、おばけや吸血鬼、ガイコツやいじわる魔法使いなどに
変身できちゃう、こわ~い仮装のしかたもバッチリ。
準備ができたらでかけましょう。
「おかし くれなきゃ いたずら するぞ!」
ハロウィーンの始まりです!

11月3日 プリンちゃんも仮装をしたよ♪

土曜日は『プリンちゃんのハロウィン』

プリンちゃんのハロウィン

ここはおかしのくに。きょうはハロウィン。プリンちゃんはともだちのドーナツくんとマシュマロちゃんとおばけのかそうをします。ところが、おやおや…!?

三人で近所をまわっていたのに、なぜか四人組になっていたのです。

編集者コメント
おかしのくにでもハロウィンは大人気! たかおゆうこさんの描くハロウィングッズは本場仕込み。それが全部おかしでできていると思ってながめると、また楽しい!

11月4日 おばけたちだって盛り上がりたい!?

日曜日は『おかしとおうちくれませんか?』

おかしとおうちくれませんか?

 山奥におばけがすんでいるほらあながありました。おばけたちは、じめじめしたくら~いほらあなの中で、「すてきなおうちにすみたいな~」「おかしをたらふく食べたいな~」「わくわくするいたずらでもしたいな~」と夢見てばかりいました。

 そんなある日、街にでかけていたおばけが帰ってきて「街では『ハロウィン』がはやっているらしいです」と、みんなに伝えました。そして、「ハロウィンはおばけが堂々と街を歩けて、そしておかしもやまほどもらえる。さらに、いたずらもしほうだい!」と教えてくれました。それを聞いたおばけたちはおばけに磨きをかけて街にでかけました。

 街は、ハロウィンで盛り上がっています。「トリックオアトリート!」と言いながら仮装して家を訪ねる人間の子どもを見たおばけたちは、「にせものにおかしをうばわれてなるものか!」と、大騒ぎ。「とりはとりー!」と、間違えた言葉で家を訪ねていくおばけたち。ところが……?

いかがでしたか。

絵本ナビでは、そのほかのたくさんのハロウィンの絵本をご紹介しています。ぜひ、テーマ絵本を参考にしてお気に入りの1冊を見つけてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください