スタイルトップ  >  たべる   >   絵本ナビニュース2019   >   嫌いな野菜がある子は88%。子どもの野菜嫌いを克服するレシピカードの配布がスタート
絵本ナビニュース2019

嫌いな野菜がある子は88%。子どもの野菜嫌いを克服するレシピカードの配布がスタート

こどもの野菜嫌い克服プロジェクト『KIDS LOVE VEGETABLES』

「健康のためには食べ物をバランスよく食べること」。よくいわれることですが、お子さんが野菜嫌いで困っている…というパパやママも多いのでは?「あまりに野菜を食べてくれないから、うちでは“野菜味のパンは野菜”と決めた!」という笑い話のようなエピソードもよく聞きますね。

 

農林水産省の調査によると、日本人の野菜摂取量は年々減少傾向にあるとのこと。スーパー・西友の自主調査でもおよそ9割の子どもに嫌いな野菜があり、そのうち96%の親が子どもに野菜を食べさせることをあきらめてしまった経験があることがわかりました。野菜嫌いの子どもとそのママ・パパを応援しようと、西友がこどもの野菜嫌い克服プロジェクト『KIDS LOVE VEGETABLES』を開始します。

『80%のこどもが認めた野菜料理 西友 KIDS LOVE VEGETABLES』

絵本を通して野菜に興味を持ってみよう

やさい だいすき

だいこん、にんじん、きゅうり、かぼちゃ…身近な野菜が、1ページごとに登場します。にっこり、ぱっちり、いい表情をした野菜たちがとにかくかわいい!この絵本の野菜たちは、実はすべて、風合いある紙を使った切り絵によって描かれています。それぞれの野菜にぴったりの色の紙が使われ、どのページも配色がおしゃれ。背景色とのコントラストがついているので、丸っこかったり、長かったり、その野菜らしい色や姿がくっきり。

「おいしそうだね」「これはなにかな?」「まるいね」と、お子様といろんなおしゃべりができそう。トマトやなすが3つ並んで、何だか家族に見えてきたり、いっぱいの野菜が並び、お買い物ごっこができるような見開きもありますよ。

毎日のお食事を通して、少しずついろんな野菜に出会っていく赤ちゃんや、幼稚園・保育園の子どもたちにぴったり。野菜の色や形、名前に親しんでもらって、野菜となかよくしてもらうのにとてもいい絵本です。

子どもたちの80%以上が「おいしい」と認定したレシピとは?

西友で配布されるレシピカードで、こんな料理が作れます

子どもたちにはイヤイヤではなく「おいしい!」と心から思って野菜を食べてほしい。『KIDS LOVE VEGETABLES』はそんな願いのこもったプロジェクトです。子どもたちに野菜をおいしく食べてもらうための克服レシピを料理家と約3か月間かけて開発し、幼稚園に集まった約100人子どもたちに試食してもらいました。

気になる投票結果はこちら!

  • にんじんと胡麻の炊き込みご飯:こども支持率 約97%
  • にんじんの春巻き:こども支持率 約90%
  • にんじんとチーズのカリカリ焼き:こども支持率 約90%
  • ブロッコリーのチーズカレー炒め:こども支持率 約88%
  • ブロッコリーボール:こども支持率 約87%
  • ブロッコリーポテサラ:こども支持率 約78%

全6品のうち、なんと5品が80%以上の高支持率!

今回開発された野菜料理は西友全店舗でレシピカードとして配布されています。また一部店舗では試食コーナーを設置。実際に試食することもできます。また『KIDS LOVE VEGETABLES』特設ページでもレシピ動画が公開中。

レシピカードスタンド&試食コーナーの様子

レシピカードはにんじんとブロッコリーをかたどったかわいい見た目なのもうれしいですね。

子どもの野菜嫌いの克服とともに料理のレパートリーも広げられそうな今回のプロジェクト。ぜひチェックしてみてくださいね!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください