絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   レンジで簡単!栗大福を作ろう!
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

レンジで簡単!栗大福を作ろう!

夏の暑さも和らぎ、秋の訪れを感じる季節となりました。
今回は秋の味覚の栗を使ったおやつをご紹介します。スーパーなどでも手に入る、栗の甘露煮を使った栗大福です。ぜひお試しくださいね。

9月が旬の栗

秋の味覚といえば「栗」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

栗は世界でたくさんの種類がありますが、代表的なものは、日本栗(和栗)、中国栗、ヨーロッパ栗、アメリカ栗の4種類です。中でも日本栗(和栗)は一番粒が大きいそうです。

栗には疲れを回復させるビタミンB1、からだの免疫力を高める効果や、美肌効果のあるビタミンC、整腸効果のある食物繊維などが豊富に含まれていると言われています。

白玉粉って?

白玉粉はもち米から作られています。別名「寒ざらし粉」ともいいます。

薄く伸びるので餡を包みやすく、翌日も柔らかいです。

スーパーなどで、取り扱っていますので手に入りやすいですよ。

【レシピ】栗大福

材料(6個分)

〇白玉粉・・・80g

〇砂糖・・・30g

〇水・・・115g~

●こし餡・・・120g

●栗の甘露煮・・・6個

片栗粉・・・適量

下準備

  • 栗の水気をペーパーで拭く。
  • こし餡を6等分し、丸める。
  • バットに片栗粉をふるう。

作り方

  1. ボウルに 〇 を入れ、泡だて器で混ぜる。
  2. にラップをかけ、電子レンジ600wで2分30秒加熱する。
  3. ラップを取り、木べらで混ぜる。
  4. 再びボウルにラップをかけ、600wで1分加熱する。
  5. ラップを取り、木べらでツヤが出るまでこねる。
  6. 5 の生地をバットに入れ、片栗粉を振りかけ、カードやキッチンバサミで6等分に切る。
  7. こし餡を手のひらに広げ、栗を包む。
  8. 6 の生地を栗より一回り大きく広げ、包む。
    ※火傷に注意してください。生地はべたつくので、その都度片栗粉をふるうと作業しやすいです。

お手伝いポイント

ポイント① 白玉粉を触ってみよう!

まずは白玉粉を手で触ってみましょう。

どんな感じだったか聞いてみると、、

「硬いけれど、指で潰れるね。」「指に白い粉がつくね。」など色々な感想を聞くことができます。

ポイント② 生地を混ぜてこねよう!

ボウルに入れた材料を混ぜ、加熱後の生地も混ぜてみましょう。

生地がまとまって、つやつやした見た目や、びよーんと伸びる様子を楽しんでくださいね。

熱いので、電子レンジからボウルを取り出し、ラップを外すところは大人の方も火傷に注意してください。

ポイント③ 餡に包んだ栗をさらに生地で包もう!

栗をこし餡で包み、6等分した生地でさらに包んでみましょう。

手に片栗粉をつけると、作業しやすいです。

最後はとじ目をつまんで形を整えます。

べたつく場合は、その都度片栗粉をつけてください。

おわりに

今回は栗を使いましたが、春にはいちご、夏にはキウイフルーツやパイナップルなど、一年中楽しめます。

また、白あんで作っても美味しいですよ。

大福は、中に何が入っているか、切ったらどんな風に見えるのか、わくわくが詰まっています。幼児さんは一緒に作る時間がなければ、半分に切るとどんな形になるかな?と想像するのも楽しいですよ!

お手伝いしてくれた息子も、次は何の大福にしようかな?と考えていました。ぜひ作ってみてくださいね。

今回教えてくれたのは…

青鹿 ちひろ(あおしか ちひろ)さん

 

マスター米粉プロフェッショナルトレーナー。
子どもの食物アレルギーをきっかけに、米粉を使った料理やおやつを作り始める。
失敗と学びを繰り返し、美味しくて簡単に作れる米粉のおやつを広めたい!と思うようになり、埼玉県や東京都内のイベントに出店。
現在は米粉パン&米粉スイーツブランドkomeko storyのメンバーとして米粉のおやつを販売。

食育スクール「青空キッチン」からのレシピ本販売中!
3歳から始めるお料理レッスン(2)

1.幼児~小学生が料理を体験できる人気レシピ約81点を掲載!
2.料理の技術だけでなく、好き嫌いの解消のほか、箸使いや栄養バランス、季節の行事など、幅広い食の知恵が身につく。
3.レシピは読みがな付き。料理に慣れてきた子どもが自主的にチャレンジできる。

オープンサンド、チャーハン、揚げ出汁豆腐、お雑煮、ちらし寿司、唐揚げ、パエリア、酢豚、にんじんのポタージュ、おにぎらず、スイートポテト、ごま団子、オレンジジャム…
期待の食育レシピブック第2弾。子どもだって、「楽しく・おいしく・安全に」ここまでできる!!

3歳から始めるお料理レッスン

3歳から小学校6年生までが対象の食育スクール「青空キッチン」。実際に料理を体験することで、子どもたちの自立心や協調性、想像力を養い、学習意欲を高めることができます。さらに、好き嫌いが減るという、うれしい効果も。
この本では、青空キッチンのレシピ82品をわかりやすく紹介しています。子どもにお願いできる作業を色分けして示しているので、3歳の子でもムリなく安心して料理に挑戦できます。さらに、「食育のポイント」や、興味をうながす言葉がけの例も載せているので、ご自宅にいながら青空キッチンのレッスンをおこなえますよ。
食は、人間を健康にし、生活を豊かにするうえで欠かせない要素。好奇心旺盛な子ども時代に料理を学べば、一生を通じての宝物になります。
お料理レッスンで楽しい親子の時間を過ごしましょう!

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください
Don`t copy text!