絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビテーマ別絵本ランキング   >   「雪の絵本」人気ランキング1位~10位
絵本ナビテーマ別絵本ランキング

「雪の絵本」人気ランキング1位~10位

「雪の絵本」絵本ナビで売れている人気絵本10選

ふりつもる雪は大人にとってはやっかいでも、子どもにはわくわくする特別な一日に早変わり。何もかもがいつもとは違う景色に目を輝かせる……そんな気持ちがつまった絵本がたくさんあります。さまざまな絵本のなかで、どんな絵本が多く読まれているでしょう。この記事では、絵本ナビが独自に集計した、テーマ「雪の絵本」の人気ランキング10位から1位まで発表します!

10位 『ペネロペ ゆきあそびをする』(岩崎書店)

ゆきだるま、雪合戦、スキー、そりすべり……。ペネロペと、しかけ絵本で雪遊び!

ペネロペ ゆきあそびをする

ゆきがふりました!ゆきだるま、雪合戦、スキー、そりすべり、ペネロペはいろんなことをして遊びます。しかけを動かしてペネロペを手伝ってあげてください。

9位 『てぶくろ』(講談社)

朝日新聞に投稿された実話をもとにした、心あたたまる雪の日のおはなし

てぶくろ

寒い冬の日、おねえちゃんとお出かけした、うさぎのみみたんは、てぶくろを持ってきていませんでした。おねえちゃんは、片方の手からてぶくろはずし、みみたんに貸してあげます。もう片方のてぶくろも貸して、と言うみみたんに、おねえちゃんは、てぶくろをしてない手で、みみたんの手をぎゅうっとにぎってあげます。こうして手をつなげば、てぶくろはひとつでも二人ともあたたかいね。そこへ二人のお迎えに来たおばあちゃん。おばあちゃんもてぶくろをしてません。でも、みみたんがぎゅうっと手をにぎってあげると、てぶくろはひとつでも三人とも温かい。どんどんふえていくと……。朝日新聞に投稿された実話をもとにした、心がぽかぽかになる絵本です。
3さいから。すべてひらがな。

8位 『ゆきのひのうさこちゃん』(福音館書店)

ゆきのひのうさこちゃん

ゆきのなかで遊びます。ゆきだるまにはにんじんで鼻をつけ、寒くてないていることりにはおうちを作ってあげました。

7位 『きらきら』(アリス館)

美しい結晶の写真と谷川俊太郎さんのことばがひびきあう幻想の絵本

きらきら

「きれいだね てんからおちてきた ほしみたい きれいだね とってもちいさい ほんとうは」約30点の厳選された美しい結晶の写真と、詩人・谷川俊太郎が子どもたちへ向けたことばがひびきあって、幻想の世界が広がります。

6位 『もりのおくのおちゃかいへ』(ブロンズ新社)

読者をふしぎな体験へ誘う、とっておきの雪の日の物語

もりのおくのおちゃかいへ

雪の朝、キッコちゃんは森のむこうにあるおばあちゃんの家へケーキを届けに出かけます。ところが、途中で転んでしまい、ケーキはぺしゃんこに。泣くのを我慢しながら森のなかを歩いていくと・・・見たことのない館にたどりつきました。そっと窓をのぞいてみれば、沢山の動物たちがおめかしして、お茶会を開いているではありませんか!

5位 『チリとチリリ ゆきのひのおはなし』(アリス館)

別世界のような雪の森での体験を描いたあたたかい物語

チリとチリリ ゆきのひのおはなし

初雪がふった日、チリとチリリは自転車で森へ出かけました。
まっ白な森を進むと氷の扉があり、中に入るとそこには……。
別世界のような雪の森での体験を描いたあたたかい物語。

4位 『はなをくんくん』(福音館書店)

雪の森で、冬眠から目を覚ました動物たちは……?

はなをくんくん

季節の訪れの目覚めと喜びをやさしく描く

冬の森の中、雪の下で動物たちは冬眠をしています。野ねずみも、くまも、小さなかたつむりも……。でも、とつぜんみんなは目をさましました。はなをくんくんさせています。みんなはなをくんくんさせながら、雪の中をかけていきます。みんなとまって、笑って、踊りだしました。「ゆきのなかにおはながひとつさいてるぞ!」 やわらかいタッチの美しい絵と、詩のような文で、自然の摂理と喜びをやさしく子どもに語りかけます。

3位 『14ひきのさむいふゆ』(童心社)

雪に埋もれた森で、過ごす14ひきの冬

14ひきのさむいふゆ

森は雪にうもれています。ねずみたちは、部屋の中でゲーム遊び。おじいさんは、そりを作って……。

2位 『手ぶくろを買いに』(偕成社)

黒井健さんの描く雪景色が心に残る名作絵本

手ぶくろを買いに

冷たい雪で牡丹色になった子狐の手を見て、母狐は手袋を買ってやろうと思います。黒井健の情感豊かな絵で表現された南吉の世界。

1位 『てぶくろ』(福音館書店)

「雪の絵本」第1位は、こちら! ふりつもる雪のなかに落ちていたてぶくろからはじまるウクライナ民話。こちらの絵本は、1965年に内田莉莎子さんの翻訳で発売され、今でも変らず子どもたちに読み継がれています。

愛され続ける、ウクライナ民話

てぶくろ

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、とうとう手袋ははじけそう……。個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。

 

「雪の絵本」ランキング、いかがでしたか? ロングセラー作品とともに、人気シリーズ絵本のキャラクターたちが雪で遊ぶ絵本がランクイン。そのほかにも、静かで美しい雪の日の物語、神秘的な雪の姿など、様々な表情を見せてくれる雪の絵本が並びました。気になる絵本を手に取って、あたたかい部屋でゆっくり楽しんでくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください