スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【クリスマス】クリスマスに読みたい絵本ベスト100

【クリスマス】クリスマスに読みたい絵本ベスト100

 

今年もクリスマスの季節がやってきました。この時期に読みたくなるのは、やっぱり気分を盛り上げてくれるクリスマスの絵本。でも、クリスマスの絵本ってどんな種類があるのでしょう?

 

読み継がれているロングセラーのクリスマス絵本、サンタさんが活躍するお話、飾りたくなるような美しい絵本。クリスマスのことを教えてくれる絵本もあります。もちろん、小さい子だって楽しみたいし、大人だって気分をしっかりと味わいたい。そんな希望にこたえてくれる絵本も揃っているんです。

 

「そんなにたくさんあったら迷っちゃう…。」

 

そう、そこでこの記事ではテーマ別に人気&おすすめのクリスマス絵本ベスト100をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

子どもたちのために。自分のために。そして、大切な方への贈り物に。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

テーマ別 人気&おすすめのクリスマス絵本ベスト100

まずはおさらい!「2016年クリスマスの売上ベスト10」は?

今年のクリスマス絵本を選ぶ前に、去年はどんなクリスマス絵本が人気だったのでしょう? 売上ベスト10をご紹介します。

1位 『まどから おくりもの』
まどから おくりもの

サンタクロースさんがみんなのおうちへプレゼントを届けます。窓の外から見える様子で誰の家なのかを推測して窓からプレゼントを投げ入れます。ねずみさんにはしゃれたながぐつ、ねこさんにはかわいいリボン…
あれれ?でもなんだか変ですね。サンタさんに見えた様子と、家の中の様子はだいぶ違うようですよ…それでも最後はみんな大満足。よかったね。

https://www.ehonnavi.net/ehon/26/%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE/
2位 『 大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス』
大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

絵本の中のゆうびんやさんが届けてくれるお手紙が、実際に読めちゃう!そんなワクワクするしかけのある「ゆかいなゆうびんやさん」シリーズは、イギリス生まれの人気お手紙しかけ絵本。

今作はクリスマスイブの日のゆうびんやさんのお話です。
たくさん雪がふった後、ゆかいな道を走りながら荷物を次々に届けます。最初は4ひきぐまロッジ。届けたのは、クリスマスカードです。
誰からのお手紙かな?

続きはこちら>>>

3位 『てぶくろ』
てぶくろ

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、とうとう手袋ははじけそう……。個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。

楽しむ前に知りたいよね。「クリスマスってなあに?」

クリスマスを楽しむ前に、知っておきたい事。
子どもに「クリスマスってなあに?」と聞かれた時に、
一緒に読んでおきたい絵本をご紹介します!

『クリスマスおめでとう』
クリスマスおめでとう

クリスマスの本当の意味を伝えたい、という作者の思いから生まれた絵本。クリスマスってどうしてお祝いするの?という子どもたちの問いに答えつつ、イエス様だけでなく、望まれて生まれてきたことの幸せを感じさせる絵本。

https://www.ehonnavi.net/ehon/2271/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86/
『愛蔵版 クリスマスって なあに』
愛蔵版 クリスマスって なあに

ミッフィーの作者、ディック・ブルーナによる、子どものためのクリスマス絵本。
イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。
50周年を記念して刊行する、プレゼントにもぴったりの、白と金を基調とした新しい装丁でお届けする美しい絵本です。
Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv,1953-2013
www.miffy.com

『クリスマスわくわくサンタの日!』
クリスマスわくわくサンタの日!

主人公は誰よりもクリスマスを心待ちにしている女の子レミ。なんてったって、サンタクロースになるのが夢なのです。
レミは毎日サンタクロースに手紙を書いています。12月に入り、レミが自分でつくったアドベントカレンダーを開け、いつものように手紙を書いていると…サンタさんのお手伝いをする「トントゥ」のベルがやってきてくれました!
これはいつものクリスマスとちがう、何かが起こりそうな「わくわく」の予感!?

続きはこちら>>>

『クリスマスのものがたり』
クリスマスのものがたり

スイスの画家ホフマンが、キリスト誕生の物語を真正面から描いた作品です。宗教を抜きにしても、これほど感動的で劇的な物語はほかにないでしょう。

小さな子だってクリスマスを楽しみたい!

まだクリスマスの意味は理解できないけれど。その楽しい雰囲気は小さな子にだって伝わっているはず。可愛くて愉快なお話で、一緒にクリスマス絵本を楽しみましょう!

『サンタのおまじない』
サンタのおまじない

クリスマスイブにけんちゃんに届いた箱を見てみると、
けんちゃんのきらいな野菜がたくさん入っていました。
でもサンタさんからの手紙にあった通りにおまじないを唱えると、
野菜が次々に変身します。楽しい切り絵の絵本。

https://www.ehonnavi.net/ehon/10790/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%81%98%E3%81%AA%E3%81%84/
『ノンタン!サンタクロースだよ』
ノンタン!サンタクロースだよ

空いっぱいに飛びかういろんなサンタクロースたち。ノンタンはねこのサンタに、プレゼントをたのみたいのですが会えません。

https://www.ehonnavi.net/ehon/233/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%EF%BC%81%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A0%E3%82%88/
『ツリーさん』
ツリーさん

今日は楽しいクリスマス。「ツリーさん」のもとには、さまざまなオーナメントが集まってきて、クリスマスツリーらしく、どんどんにぎやかになっていきます。
でも、何かが足りない気がして、ツリーさんとオーナメントたちが首をかしげていると……?

 

https://www.ehonnavi.net/ehon/87613/%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93/

サンタクロースに会いたい子どもたちへ

子どもたちの憧れ、サンタクロース。
「クリスマス・イヴの夜、サンタさんたちはどうやってプレゼントを持ってきてくれるんだろう?」
「サンタさんはクリスマスの日以外はどんな風に過ごしているんだろう?」
夢をこわすことなく、楽しい気持ちにさせてくれる絵本ってあるのかな。
 

『100にんのサンタクロース』
100にんのサンタクロース

ここは100にんのサンタクロースがすむ街。100にん色々なサンタクロースがいるのです。
サンタクロースたちは、1年間かけて特別な日「クリスマス」にむけて準備している…なんて知っていました?
プレゼントを配るおうちの地図をつくったり、クリスマスツリーや野菜や果物を育てたり、素敵な星空をつくる練習をしたり。
それはもう、100にんみんなが大忙しなのです。
なかでも1番大変なのは、プレゼントの準備!おもちゃを運んだり、包んでリボンをつけたり。
そして、とうとうクリスマスの日がやってきて。

続きはこちら>>>

https://www.ehonnavi.net/ehon/91271/100%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9/
『さむがりやのサンタ』
さむがりやのサンタ

ベッドの中で熟睡するサンタのおじいさん。常夏のビーチでくつろぐ夢の途中で目覚まし時計に起こされ、忙しい12月24日の一日が始まります。「やれやれ、またクリスマスか!」。ベッドから出ると、まずはトナカイたちにご飯をあげて、自分もベーコンと卵で朝食です。包まれたプレゼントの山を荷車で運び出し、さあクリスマスのお仕事に出発!

『あのね、サンタの国ではね…』
あのね、サンタの国ではね…

「サンタクロースって、クリスマスの時以外は何をしてるんだろう?」
「サンタクロースの1年のくらし」というサブタイトルのとおり、サンタの国の1年間が1月から12月まで、月ごとに描かれています。サンタの国では畑でおもちゃの実がなることや、トナカイ学校があること、とても大切な「サンタ会議」があることなど、私たち大人も知らないことがあるんですよ。

『急行「北極号」』
急行「北極号」

クリスマス前夜、サンタを信じる子だけが体験する不思議な旅を描いた絵本。コルデコット賞受賞作。
サンタクロースを待つ僕のもとに現れたのは白い蒸気に包まれた汽車、急行「北極号」。僕はその謎めいた汽車に乗り込み、クリスマス前夜の幻想的な旅が始まる。森を抜け荒地を抜け、山を越えて汽車は北へ北へと進み…。

『サンタクロースっているんでしょうか?』
サンタクロースっているんでしょうか?

「サンタクロースって本当にいるの?」子ども達なら誰でも抱く素朴な疑問。その質問に新聞記者が真摯に答えています。100年前のアメリカの実際の社説です。子どもだけでなく、大人達にも感動を与え続けています。

新しいクリスマスを探している方は…「2017年 新刊クリスマス絵本」

人気のある定番絵本以外にも、新しいクリスマス絵本を知りたい!
そんな方たちへ、2017年の新刊クリスマス絵本をご紹介します。

『メリー メリー クリスマス!』
『こねこのプーフー(8) サンタさんに あったよ!』
こねこのプーフー(8) サンタさんに あったよ!

「リサとガスパール」シリーズの作者が送る新シリーズ「こねこのプーフー」の第8弾。クリスマスがテーマの絵本です。
保育園にサンタクロースが来たそうです。クリスマスはまだ先なのに、どうしてきたの? どうやってきたの? プーフーのお得意の空想話は、さらにパワーアップ。ありそうもないのにクスッと笑えて、おやすみ前の読み聞かせの時間がさらに幸せな時間になります。

『どこ? クリスマスのさがしもの』
どこ? クリスマスのさがしもの

きょうはうれしいクリスマス。ペンギンの親子は、プレゼントのおかいものにでかけます。
おもちゃ屋さん、洋服屋さん、家具屋さん、本屋さん、フルーツショップ、ケーキ屋さん、クリスマスマーケット……。
楽しいおかいもののはずが、たいへん! ペンギンのぼうやが、まいごになってしまいました! ぶじにおかあさんとクリスマスの夜をむかえられるのでしょうか?

クリスマスは静かな夜を過ごしたい…という方へ

聖なる夜は、静かに心に染み入るお話を読んで過ごしたい…。そんな方におすすめしたいのは、美しく読み応えのあるクリスマス絵本。大人の方への贈り物にも。

『しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ』
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ

クリスマス・イヴです。いえじゅうが しずまりかえっています。
ねずみだって ねむっています。
こどもたちは ベッドのなかで、
ゆめを みています。
そのときでした、そとから
カタカタと おとがきこえて……。
約200年前にムーアが子どもたちに贈った詩を、
バレットの美しく繊細な絵と、石井睦美の柔らかい訳でお届けします。
一生もののプレゼントにおすすめです。

https://www.ehonnavi.net/ehon/87245/%E3%81%97%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BF%E3%81%A4/
『天使のクリスマス』
天使のクリスマス

もしえんとつのないおうちだったらサンタはどうやって家に入るの?そんな細かい子どもの疑問にもきっちり答えてくれそうな140もの絵から成り立つ字のない絵本。サンタが子供を起こさないようにプレゼントを並べる緊張のシーンなど眺めているだけで臨場感が伝わってくる丁寧な絵とストーリーです。

『きょうというひ』
きょうというひ

「きのうの よる ゆきが ふりました。しずかに しずかに ふりました。」というはじまりの言葉に、しんとする。舞いおちる雪のように淡々と流れていく詩のようなストーリー。静かに、深く、祈りをこめて、遠い星をながめているような気持ちになる絵本です。

『ビロードのうさぎ』
ビロードのうさぎ

ある日、ぼうやのもとにやってきたビロードのうさぎ。
たくさんのおもちゃにかこまれて、部屋のすみで小さくなっていたうさぎは
「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」
ことを知ります。
やがて、ぼうやといっしょにすごすようになったビロードのうさぎに まほうがおとずれて…。

ほかの国では、どんなクリスマスを過ごしているのかな…

『クリスマスまであと九日-セシのポサダの日』
クリスマスまであと九日-セシのポサダの日

もうすぐクリスマス。メキシコの小さな女の子セシは、ポサダという特別のお祝いを初めてしてもらえることになり、期待に胸をふくらませています。 コルデコット賞に輝くすばらしい絵本です。

『ハヌカーのあかり』
ハヌカーのあかり

ハヌカーとは、清めのランプが8日間燃え続けた奇跡を祝い、毎年12月に行われるユダヤ教のお祭りです。ロバート・サブダが美しいポップアップに仕上げました。

しかけで楽しむクリスマス

美しく豪華な絵本が多いしかけ絵本は、クリスマスを演出するアイテムとして、また贈り物としてもよろこばれますよね。

『クリスマスのまえのよる』
クリスマスのまえのよる

クリスマス・イヴの夜、みんなが寝静まった家で男の子がみたものとは……。おさえられた5色の色彩で描かれた、影絵のようにも見える美しい世界は、大人にも子どもにも神聖なるクリスマスの心の高鳴りを伝えます。うっとりする様な、その浮かび上がる切り絵は大人が楽しめるしかけ絵本です。

https://www.ehonnavi.net/ehon/16299/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%AE%E3%82%88%E3%82%8B/
『ナイト・ビフォー・クリスマス』
ナイト・ビフォー・クリスマス

「紙の魔術師」ロバート・サブダが、クレメント・ムーアの有名な詩を、繊細で美しいしかけえほんに創りあげました。右ページにはさらにおまけの見開きページがついていて、ねずみのこどもたちやサンタクロースがとびだします。クリスマス気分に浸れる、とても贅沢な絵本です。ちいさなお子さんから大人の方まで、幅広く楽しんでいただけます。

『クリスマス・アルファベット(特装版)』
クリスマス・アルファベット(特装版)

AからZまで、カード形式のめくりがついているしかけえほん。白い紙でつくった構造物が、すばらしいでき上がりで、欧米でも100万部以上売り上げ、大ベストセラー。

クリスマスのおはなし会におすすめ!

1年のうちでも最も力が入るクリスマスのおはなし会!プログラムの中に1、2冊はクリスマスのお話を入れたいですよね。さてどんなお話を入れようかしら?と迷ったら、ぜひこちらをご参考にどうぞ。

『ぐりとぐらのおきゃくさま』
ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらが雪の上に見つけた大きな足あとは、自分たちの家までつづいていました。しかも、玄関にはまっかなコートが……。ドキドキしながら楽しめるサンタクロースの絵本。

『めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス』
めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

クリスマスったら クリスマス
  なんといっても クリスマス・・・・・・
うさこは ことしも サンタさんをたのしみに まっています。
ところが、サンタさんは うっかりして くまさんの いえで グーグージュースを のみ、ぐっすり ねむってしまったのです・・・・・・。

『おたすけこびとのクリスマス』
おたすけこびとのクリスマス

クリスマスの夜。大切な仕事をたのまれたこびとたちのチームは、働く車の列をつくって、夜の町をはしっていきます。どこへ行くのかな、そしてたのんだのは、だあれ…?
大人気絵本『おたすけこびと』の待望の第二弾! 画面のすみずみまで楽しめる、わくわくするクリスマス絵本です。


 

https://www.ehonnavi.net/feat/xmas
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載