スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku38号 2014年秋号   >   家族や将来のこと考えてみませんか?
miku38号 2014年秋号

家族や将来のこと考えてみませんか?

保険は“万が一の時”あなたやご家族を守ってくれる大切なもの・・・

「種類が多すぎて、どんな保険を選んだらよいのかわからない」「子どもの教育資金はどう準備したらいいの?」……など、保険にまつわるさまざまな疑問や不安を解決してくれる「ほけんの窓口」。ミク読者が銀座支店を訪れ、ライフプランを相談しました。

相談しました!

 

 

栗原健児パパ
美穂ママ
次女・花凛ちゃん(3歳)

長女の藍理ちゃん(10歳)との4人家族。健児パパが保険に入っていないため、加入を検討中。

まずは、保険の基本から

保険相談に訪れた栗原ファミリーは、健児パパが保険に未加入の状態です。保険の選び方、子どもの教育資金について、「ほけんの窓口」ライフパートナーの鈴木悠介さんに相談しました。

 

鈴木: ご主人様が何も保険に入れられていないんですね。

 

美穂ママ(以下妻): はい。パパの保険は、これまで何となく先延ばしにしてきてしまいました。万が一の時のために備えなければとは思っているんですけど難しくてよく分からなくて…

 

鈴木: では、まず保険の基本からご説明しますね。保険商品はたくさんありますが、基本の形は、定期保険、養老保険、終身保険の3つ。それぞれの違いを理解しておくと、どの保険が良いか検討しやすいと思います。
 
それぞれの保険はどのように違うか見てみましょう。(図1) 
かけすて型なのか貯蓄性のある保険かなどによっても保障の金額や受取額などが違ってくるんですよ。

子どもにかかる教育資金は今のうちから試算を

現在3歳で、私立幼稚園に通う花凛ちゃん。「教育資金はこれからどれくらいかかるか知っておきたい」という栗原夫妻に鈴木さんが答えます。

 

妻: 子どもを大学まで行かせたいのですが教育資金はどのように準備したらいいのでしょうか?

 

鈴木: 現在、花凛ちゃんの教育費の備えはどのようにされていますか?

 

妻: 学資保険に加入して、毎月1万6000円払っています。18歳の時点で約350万円用意できる予定です。

 

鈴木: お子さんおひとりにかかる教育費は、幼稚園から大学まですべて公立に通った場合でも700万円以上かかると言われています(図2)。

 

妻: 何だかドキドキしてきました(笑)。

 

鈴木: もう少し備えておきたいとお考えですか? 学資保険の他にも保障が続く終身保険に入って、ご主人様に万が一のことがあったときの学費などに備えている方もいらっしゃいますよ。

 

健児パパ: なるほど。これからどんどん教育費がかかるので、学資保険と合わせて新しく入る保険を考えていきたいと思います。

栗原ファミリーの相談のポイント

・新しく保険加入を検討する時の基本の考え方

・子どもの教育費はどれくれいかかるか

・子どもの教育費はどのように準備するか

妻: 夫に万が一のことがあったら、子どもが二人いて働けるか不安です。万一のこと、教育費のこと……いろいろ考えなくちゃいけないですね。

 

鈴木: 奥様がすべておひとりで頑張る必要はないんです。そのために保険があるんですから。

 

何のために保険に入るのかを考えると、ご家族に必要な保障プランも見えてくる もの。保険と言うと毎月支払う保険料が気になりがちですが、ご家族に必要な保障を改めて考えてみることが大切だとわかります。

 

また、加入時とライフステージが変化したら、保障に過不足が出ているかもしれないので、見直すことも大切だそう。お子さんが増えた場合などは、必要な生活費アップするので、万が一の時にのこされたご家族が安心して暮らせるぐらいの保障が必要になるからです。

 

「ほけんの窓口」での無料相談では、「ライフプランを考えた上で、保険を選ぶと 言うことがわかりました。ライフプランについても、今まで以上に夫婦で話し合っていきたいと思います」と栗原さんご夫妻。今後の保険選びについて参考になったようです。

意外と身近な病気 “三大疾病”の医療保障で生活費の備えを

里織ママの相談のポイント

・生命保険に加入するとどのような保障が受けられるか
・三大疾病の医療保障はどのような内容なのか
・三大疾病の保障内容を決めるポイント

三大疾病の医療保障を最優先して検討したいという里織ママ。入院した場合の給付日額、払い込み期間、保障期間、入院限度日数、以上の4つについて考えながら、希望に合うプランを検討しました。

 

※三大疾病とは:「がん(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の3つの病気のこと

門馬里織ママ(妊娠9カ月)実咲ちゃん(4歳)

「もうすぐ2児のママになるので、何かあった時のために保障内容を見直したいです」

ほけんの窓口って?

 

お客様一人ひとりのライフプランをヒアリング。その上で約35社の保険商品からお客様にとって本当に必要な保険を組み合わせてアドバイスしてくれます。

カスタマーセンター

 

TEL.0120-605-804(通話料無料)
受付時間/9:00~17:30 ※年末年始を除く

ホームページから

 

http://www.hokennomadoguchi.com/

 

募集代理店 ほけんの窓口グループ(株) 本社/東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ18F

B-HM-A140919-03

 

撮影/長尾浩之

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください